行政書士の資格取得までにかかる費用

行政書士資格を目指す場合には、自分でテキストなどを使って独学で勉強するスタイルと、資格スクールや通信講座などを利用する場合とで必要となる費用は大きく変わります。

資格スクール利用でかかる費用

行政書士は人気資格であり、多くの資格スクールで講座を提供しています。

資格取得を目指す人の多くは、民間の資格スクールに通ったり、通信講座を利用したりしています。

資格スクールに通学する場合の一般的な相場は入学金に3万円、授業料が16万円程度、その他テキスト代など諸費用を考慮すると、20万円程度の費用が必要になることが多くなります。

独学と比較すると費用は非常に高くなりますが、長年のノウハウを詰め込んだ人気講師による講座や、行政書士合格者からのアドバイスを受けられたりなどもでき、効率的な試験対策を行うことができるでしょう。

また、独学では意思が弱くてなかなかスケジュール通りに勉強を進められないという人には、スクールのスケジュールに従うことで、計画的に進めることができるという効果もあります。

スクールごとに受講するコースの期間やレベルなどによって料金は異なるため、自分に必要な講座を提供してくれるスクールを調べて選択することが必要となります。

たくさんの資格スクールが講座を提供しているため、単純に金額のみでなく、カリキュラムやサポート体制などまでよくチェックして比較することをオススメします。

通信教育でかかる費用

忙しくて資格スクールに通う時間はないという場合、通信教育を利用して勉強する方法があります。

最近では、行政書士の資格講座のDVDやWeb動画が販売されており、5万円程度で購入することもできます。

またDVDの他、基本テキストや教本、過去問題など必要に応じて使用することになりますが、3万円程度で準備することができるでしょう。

5万から8万円程度で一定の教材を準備することは可能となっており、忙しい社会人や専業主婦には人気のある方法です。

インターネットを通して質問をできるなどのシステムが取られていることも多く、独学では理解が難しいときのサポートも充実しています。

独学でかかる費用

行政書士試験を独学で勉強する場合、数多くの基礎教本と過去問題集が販売されているため、それらの中から自分にあったものを購入し、勉強することができます。

費用も安く済むため取組みやすい方法ですが、法律の勉強をしたことがない人にとっては、自分では理解できないことも多くあるようです。

ただし、行政書士試験は専門性が高く決して簡単なものではないため、現在の自分の持つ知識も見極めながら、どのような勉強方法が自分に合っているのかを検討したほうがよいでしょう。

行政書士は独学で合格できる?

国家試験の受験にかかる費用

行政書士試験の受験料は、7,000円となっています。

資格は一生有効なものであり、一度試験に合格して登録申請を行えば、再度試験を受験しなくてはならないということはありません。

行政書士会への登録費用もかかる

行政書士として活動していくには、事務所が所在する都道府県の「行政書士会」という団体に入会申請をし、登録される必要があります。

そこでは「入会金」が求められます。

入会金の額は都道府県によって異なりますが、その他の事務手数料などを合わせて、おおむね15万円~30万円となっているようです。

また、入会金は入会時に一度払えばよいのですが、その後は毎年「年会費」を行政書士会に支払う必要があります。

年会費は5万円~10万円程度となっています。

行政書士として活動し続けるにはお金が必要ですが、他の職種で開業する場合に比べると、行政書士はだいぶ安価に開業できるとされています。