グランドスタッフになるのに英語力やTOEICは必要?

最低限の英語力を示すTOEICは必須

航空業界に英語は必要不可欠です。日系のグランドスタッフの募集要項では「英語検定2級、またはTOEIC550点以上」とされているところがほとんどです。学生のうちにこの2つは取得しておきましょう。

ただし、TOEICで550を取得すれば安心というわけではありません。550というスコアは最低限のラインであり、多くの受験生はもっと高いスコアを持っています。

できるだけ高いスコアを取っておくに越したことはありません。

採用試験では通常、一般教養や英語の試験、英語面接も行われるため、資格を持っていなくても英語を得意としている人は実力を発揮できるでしょう。

しかしながら、書類選考の時点で絞られてしまう可能性もあるため、書類に「取得資格」として記載できるよう、先述した英語の資格を持っているほうが安全です。

英語は業務でも不可欠

英語があまりできないまま運良くグランドスタッフに採用されたとしても、ひとたび仕事をスタートすれば、英語を必要とする機会が多々あることに気付くはずです。

英語でしかコミュニケーションがとれない外国のお客さまの対応はもちろん、外資系航空会社のパイロットや客室乗務員(CA)との意思疎通は基本的に英語となるため、英語がわからない、使えないということでは、業務上の支障をきたすことになります。

国内線と国際線のどちらかで仕事をするかによっても英語を使う頻度は異なりますが、航空業界で仕事をする場合は「英語はある程度できて当たり前」と考えられているところがあります。

英語以外の言葉ができると有利

とくに国際線のグランドスタッフは、英語にプラスして、他の言語についても「読み・書き・話す」といったことができればさらに高く評価されるでしょう。

実際、空港では路線によってさまざまな言語を使うお客さまがいらっしゃるのです。

たとえば、英語でのコミュニケーションがとれないお客さまとの会話が必要になることもあります。日本からの近場路線でいうなら、韓国語、中国語(マンダリン、広東語)の知識があると有利といえます。

語学を使ったコミュニケーション能力も必要

採用の際には英語力が重要視されていますが、英語の知識があるだけで仕事ができるわけではありません。英語が話せるというだけでなく、コミュニケーション能力が必要ということです。

たとえば、英語での意思疎通が今ひとつでも、お客さまとのコミュニケーションがきちんととれることが大切です。

お客さまに確実に伝わらなければお客さまにご迷惑がかかったり、仕事に支障がでてしまうということがあるからです。

英語を勉強しておくことはもちろんですが、異文化の人たちとのコミュニケーション体験があると、実際に働くときに役に立つかもしれません。

仕事体験談