義肢装具士のやりがい・楽しさ・魅力

義肢装具士のやりがい・楽しさ

体の一部を補うという、他にはない仕事

義肢装具士の仕事は、他の仕事とは異なる点がたくさんあります。

ある種特殊な仕事であるからこそ、この仕事でしか得られないやりがいや楽しさもあります。

義肢装具士の仕事は、義肢や装具を製作することです。

義足、義手、義指といった義肢やコルセットなどの装具は身体の欠損や障害を補うために開発されているものです。

これらの器具によって、社会生活への復帰を果たした人は世界中にたくさん存在します。

事故や病気で身体に障害を負った人にとって、義肢や装具は希望の光ともなりうる重要な存在です。

そのような義肢や装具の作成にたずさわることができるという点は、すべての義肢装具士のやりがいであるといえます。

自分の成長が業界の成長につながる

義肢や装具は技術の進歩や時代の流れに伴いより良いものに進化し続けています。

新しい技術を開発したり、他分野で開発された技術を応用して新しい義肢・装具を生み出すこと、あるいは既存の器具に工夫を加えてより使いやすくするという取り組みも、義肢装具士の大切な仕事のひとつです。

今日の自分の思いつきや小さなアイデアがこれまでにない技術につながり、そしてそれが未来の義肢のスタンダードになっていくかもしれません。

義肢装具士として職務に当たることは義肢や装具の歴史に関わることにもつながるのです。

また、義肢や装具の進化や改良はそれらを必要とする人たちの生活の質を向上させ、彼らの可能性を広げます。

自分の創意工夫が業界や、誰かの未来を拡げることになる。

そんなところにも、義肢装具士としての大きなやりがいがあります。

患者さんの笑顔を見ることができる

事故や病気で身体を欠損したり生涯を負ったりした人が抱える絶望や悲嘆は想像を絶するものがあります。

しかしそのような状況にあっても、義肢や装具を使用することで、彼らは自分の将来に可能性を見出し、社会生活に復帰を果たそうという意欲を持つことができます。

そのような人たちにとって、義肢や装具は明るい未来につながる、希望そのものなのです。

中にはショックのあまり心を閉ざし、義肢や装具に拒絶反応を示す人もいます。

採寸やリハビリを行う義肢装具士につらく当たる人も少なくありません。

それでも粘り強く対話を続ければ、その情熱や思いやりは患者さんの心を動かし、前向きに取り組む力となることもあります。

その結果、日常生活を取り戻した患者さんから感謝される機会もたくさんあります。

自身の作成した器具を使用した患者さんが笑顔を取り戻してくれるということは、この仕事の最も大きなやりがいの一つと言えます。

義肢装具士の仕事内容

義肢装具士の魅力

求人需要が安定している

義肢装具士は、やりがいや楽しさに満ちた仕事というだけではありません。

この仕事ならではの魅力もたくさんあるのです。

義肢装具士は、医療やリハビリ業界に属する仕事です。

残念ながら、今後世界から交通事故がなくなる未来は近くはなさそうですし、その他の理由から身体の自由を失う人も後を断ちません。

義肢や装具を必要とする人がいる限り、義肢装具士の仕事はなくなりません。

現在は高齢化社会といわれており、リハビリを必要とする人口も増えてきています。

快適に日常生活を送るために、様々な装具を利用する人もたくさんいます。

新しい技術も常に生まれており、市場や業界も安定しています。

今後もこの仕事の必要性は薄れていくとは考えにくいですし、求められ続ける仕事のひとつであることは、義肢装具士の魅力の一つです。

一生の資格である

実は、義肢や装具の作成に資格は必要ありません。

しかし、実際に使用者に接して採寸や調整を行うことは義肢装具士の資格を有する人にだけ許される医療行為です。

義肢装具士は器具作成に要する高い専門技術が必要であると共に、人体に関する深い知識が必要とされます。

そのため、一度資格を取得し、技術を身につけることができれば、専門職として一生宝になる資格であるといえます。