ゲームプログラマーに向いている人、適性

なんと言ってもゲームが好き

ゲームを作る人間が、ゲームのことを嫌いだったら、その作ったゲームはつまらないものになるでしょう。それはモチベーションが低いため「とりあえず作る」という形になるからです。

ですので、やはり根本の部分は「ゲーム好き」でないとやっていけない職業であり、何よりもゲーム好きの方がゲームを作ってからこそ「娯楽として面白い」という結果になります。

もしゲームが大好きであれば、間違いなくゲームプログラマーに向いていると言えます。

「ものづくり」が好き

“ゲームが好き”というのは大前提ですが、もう一つ向いている人と言えることがあります。それが「ものづくり好き」ということです。

自分が作ったものが動作したときに大きな喜びを感じることができる人は、ゲームプログラマーに向いていると言えます。

もちろん、ゲームでなくてもプラモデルでも良いですし、日曜大工でもよいです。ゲームプログラマーは「ゲームを作る」ことなので原点はものづくりになります。この原点さえされば適正を持っているということになります。

体力面・精神面がタフな人

最終的にここに帰結してしまうのですが、やはり納期前などは激務が予想されます。業界内では特にオンラインゲーム系が厳しいと言われています。

このような激務に耐えられるような体力(健康状態)と精神面(追い込まれても大丈夫)の強さを持ち合わせた人間が一番向いていると言えます。

これはゲームプログラマーだけに限った話ではありませんが、体力・精神の何れかが崩れやすい職業でもあります。

プロスポーツ選手の格言で「怪我をしないのも一流の証」というものがあります。ゲームプログラマーもタフさを持ち合わせた方が一流になれる素質をもっているのは間違いありません。