大学教授、大学准教授、大学講師の給料・年収

大学教授の給与はどのくらい?

大学の収入源は、学生の授業料です。そのため、生徒が少なければ大学の収益は少なくなります。この大学の収益は大学教授の給与にも関わってきます。

そのため大学教授の給与は大学ごとに大きく異なりますし、国立大学と私立大学でも異なります。

また40代か、50代、60代といった年齢によっても異なります。国立大学と私立大学では、私立大学の方が給与が高い傾向にあり、とくに有名な私立大学では給与は高くなっています。

以前は国立大学の年収は一律だったのですが、現在は学校ごとになっており、同じ国立大学でも大学ごとに給与は異なっています。

なお、国公立大学の大学教授は「みなし公務員」という公務員に近い、安定した身分となります。

ただし、国立大学にしても私立大学にしても教授になれる人はごくわずかです。講師や准教授を長年続けていても、すべての人が教授になれるとは限りません。

大学教授の年収は?

年収は、年齢によっても大きく異なります。たとえば50代の教授の場合、ある大学では900万円台、ある大学では1,400万円台といったようにその差が歴然としているところがあります。

平成27年の大学教授の平均年収は1,087万円です。平均の月収は66万円でこれにボーナス年間308万円などがついてこの年収になります。おそらく金額だけを聞けば、大学教授は高収入だと思われるでしょう。

研究費が十分にもらえている研究室ならばいいのですが、そうでない研究室も多く、教授が研究費を負担することなども多くあるそうです。

そういう大学であれば、この年収は決して多いとはいえないでしょう。実際に民間の研究所の方が年収が多い場合もあります。

大学教授は副業が認められているため、副業をして研究費を捻出する教授もいるようです。

大学教授の待遇は?

大学教授の待遇は大学ごとに大きく異なります。たとえば、大学教授はたいてい毎日出勤しますが、私立大学の中には週休3日というところもあるようです。

また、勤務時間も授業がある日は早く出勤して準備をするけれど、授業がない日はゆっくり出勤するなど、授業のスケジュール等によって出勤時間も異なります。

各大学で共通しているのは、大学教授には個別の部屋がもらえること、服装など自由であること、そして男女の差がないことでしょう。

現在の大学教授の男女比は、男性が77%、女性は23%ほどといわれています。

しかし、男女の差がなく働ける職業ということで大学教授を目指す女性が多くなっており、その数も増えてきています。

大学教授、大学准教授、大学講師の平均年収統計

厚生労働省の平成28年 賃金構造基本統計調査によると、大学教育職の平均給与は以下のとおりです。平均年齢が高いこと、超過労働時間が少ないことが特徴です。

<大学教授>
・平均年齢:57.6歳
・勤続年数:16.6年
・労働時間:165時間/月
・超過労働:0時間/月
・月額給与:657,100円
・年間賞与:2,805,900円
・平均年収:10,691,100円

<大学准教授>
・平均年齢:47.9歳
・勤続年数:11年
・労働時間:166時間/月
・超過労働:1時間/月
・月額給与:531,600円
・年間賞与:2,103,900円
・平均年収:8,483,100円

<大学講師>
・平均年齢:43歳
・勤続年数:7.2年
・労働時間:165時間/月
・超過労働:2時間/月
・月額給与:451,600円
・年間賞与:1,418,700円
・平均年収:6,837,900円

出所:厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成28年 大学教授の年収(規模別 ※男性のみ)

大学教授の年収は勤務先の規模別で変わってきます。

10〜99人の事業所規模に勤める大学教授の平均年収は808万円、100〜999人規模は996万円、1000人以上規模は1,134万円、10人以上規模平均は1,069万円となっています。
大学教授の年収(規模別)_28

平成28年 大学准教授の年収(規模別 ※男性のみ)

大学准教授の平均年収も事業所の規模が大きくなると上がる傾向にあります。

10〜99人規模の事業所では708万円、100〜999人規模は802万円、1000人以上規模は884万円、10人以上規模平均は848万円となっています。
大学准教授の年収(規模別)_28

平成28年 大学講師の年収(規模別)

大学講師の平均年収は、10〜99人の事業所では543万円、100〜999人規模は622万円、1000人以上規模は735万円となっており、こちらも規模によってかなりの開きがあります。
大学講師の年収(規模別)_28

平成27年度 大学教授の年収(年齢別 ※男性のみ)

大学教授の年収は40代後半で1000万円を超えています。最も年収が高い年代は、60~64歳の1,165万円となっています。

平均年収は1,100万円となっています。
大学教授の年収(年齢別)_27

平成28年 大学准教授の年収(年齢別 ※男性のみ)

大学准教授の年収は年齢とともに上昇しています。40代で800万円台、50代で900万円台となります。

平均年収は866万円となっています。
大学准教授の年収(年齢別)_28

平成28年 大学講師の年収(年齢別・男女別)

大学講師の平均年収は、年齢の上昇とともに上がっていきます。

男女別の年収は、男性710万円、女性638万円となっています。
大学講師の年収(年齢別)_28

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。