大学教授になるには

大学教授になるためにはまず、分野の選択が必要

好きな研究を続けることができ、その上社会的に地位が高く尊敬される職種の大学教授ですが、一体どのようにしてなれるのでしょうか?

大学教授になるために必要な資格はとくにありませんが、一般的には大学院博士課程を修了し、博士号を取得していることが必要です。

その博士号を取得するには、自分が興味がある、勉強したいと思う学部がある大学に入学しなければなりません。

大学教授になるためには、その分野について高度な専門的な知識が必要なため、まずその分野を選択しなければならないのです。

そして大学3年の後半に研究室を選びます。研究室とはゼミのようなもので、研究室の長はたいてい大学教授です。

研究室への正式に入ることになるのは4年生になってからで、研究室に入ってからは、大学教授と定期的に打ち合わせをしたり、研究テーマを持って、そのテーマについて研究漬けになります。

卒業時には論文を書き上げますが、そうするとで大学卒業の学位を取得することができます。

博士号を取得するには

大学を卒業すると「学士」を取得することができますが、学士を持っているだけでは博士号は取得することはできません。博士号を取得するには大学院に進まなくてはならないのです。

大学院前期課程に入学するわけですが、ここでは2年間、さらに高度な研究を行って修士論文を制作し、論文を発表します。

大学院では勉強期間が終わることを卒業とはいわず修了といいますですが、大学院前期課程を修了すると、「修士」という学位を取得することができます。

この後、大学院後期課程に進み、3年の間さらに研究を行い、博士論文に合格してようやく博士号を取得できるのです。

大学教授になるには就職活動が必要

もちろん、博士号を持っていれば、就職先が自動的に決まるというわけではありません。

大学教員の求人を探して就職活動をしなくてはならないのです。まずは助手として採用されるところからスタートします。

就職先の大学が決まってもいきなり大学教授になることはできません。優れた研究を続け、論文を書き、学会などで成果が認められれば、助手からステップアップをすることができます。

教授の推薦を受けて、講師、准教授、教授へと長い時間をかけて進みます。定員は少なく非常に狭き門となります。

大学教授に求められる能力

大学教授は研究職であり、成果が求められます。

ある特定の分野に強い関心があり、研究することが苦でないタイプでないと大学教授になることは難しいでしょう。当然ながら学術に秀でていることが必要です。

研究はすぐに成果がでるものとは限らないため、忍耐力があり、粘り強い性格が向いているといえます。

大学教授の現状と今後の見通し

少子化の影響により、大学の運営は苦しくなってきています。大学教授のポストが増えていくとは考えにくく、欠員補充が中心になるため、大学教授になることは非常に難しくなっています。

企業と大学との共同研究が進みつつあり、大学の役割は変化しつつあります。学問と実践を結ぶ大学教授の仕事は、今後いっそう重要なものとなるでしょう。