コピーライターの給料・年収

会社員として働くコピーライターの収入

コピーライターの代表的な就職先は、広告代理店や広告制作プロダクションです。

正社員、契約社員、派遣社員などの雇用形態で、これらの企業に所属するコピーライターの場合、それぞれの勤務先で定められた給料が支払われます。

その額は、個々の経験や勤続年数、実力によるほか、企業の規模などによっても大きな差があります。

たとえば、大手広告代理店の電通や博報堂などでは、30代で年収が1000万円を超えることもあるそうですが、中小企業の場合は平均年収500~600万円程度にとどまる人が多く見られます。

基本給に別途残業代、休日出勤代、ボーナスが加算される企業が多いですが、欧米からの影響か、賃金の額を年単位で決める「年俸制」をとり、その金額を12ヵ月に分けて支払う企業も増えてきています。

いずれにしても、大学新卒の初任給としては月給20万円~30万円程度が一般的といえ、他の業種や職種で働く社員の初任給と大差はありません。

フリーランスのコピーライターの収入

広告代理店や制作プロダクションで経験を積んだコピーライターのなかには、独立してフリーランスになる人も多く見受けられます。

フリーランスにとって、仕事の発注元はおもに広告代理店や制作プロダクションで、案件ごとに交渉のうえ報酬を決めます。

一般的なフリーランスのコピーライターの場合、A4のサイズの印刷物で、ページ単価3万円~が相場とされています。

しかし実際には文字量やその人の実力、代理店・プロダクションとの関係性、掲載媒体、納期、仕事の込み具合なども加味し、臨機応変に報酬が決定されます。

独立すれば稼げるのか

コピーライターは仕事をするうえで大がかりな設備も必要なく、そういった意味では独立しやすい仕事だといえるでしょう。

仕事量が安定するようになれば、会社員と比べて大きく収入を伸ばすことが可能です。

最近ではインターネット上でコピーが必要とされることも多く、広告業界で働いたことのない人が、「セールスレター」を書いて大きく稼いでいる例もあるようです。

しかし、独立後しばらくは収入が安定せず、仕事を得るための営業活動に頭を悩ませる人も少なくありません。

いくらコピーライターとしての実力がある人だとしても、よほど知名度がある場合以外、独立してすぐに仕事がどんどん入ってくるなどということは望めないのが現状です。

また、保険料や税金などが給料から天引きされる会社員と違い、フリーランスはそれらを報酬の中から収める必要があります。

収入をアップさせるには、相応の努力と計画性が求められます。

年収数千万円ともいわれる著名なコピーライターまで上り詰めることができるのは、ごくまれなことだと考えたほうがいいでしょう。