コピーライターになるには

広告代理店や制作プロダクションに就職する

コピーライターになるのに特別な資格はいりませんが、そうそう簡単になれるものではありません。

コピーライターを目指すのであれば、まず広告代理店や制作プロダクションに入るのが、もっとも一般的な方法です。

ただし、すぐにコピーライターの仕事を任されるというわけではなく、広告の全般的な流れを学び、経験を経たのちにコピーライターとしての業務を担当することが一般的です。

ちなみに広告代理店では、採用条件に「4年制大学卒業以上」を挙げているところが多いです。大手の広告代理店は倍率も高いため、難関大学を出ていることが求められることも多いでしょう。

しかし、学部はそこまで関係ありません。理系出身でもコピーのセンスが認められれば活躍できます。

周辺業種から目指す

大手広告代理店は就職希望者が多く、難関です。そこで、コピーライティングの仕事ができる他の業種の会社に入り、経験を積んで転職することも考えられます。

たとえばWebサイトを制作する会社でもサイト用のコピーライティングが必要ですし、メーカーの宣伝部門や広報部門でも、小さな会社であれば社内でコピーを考える場合もよくあります。

大手広告代理店では実績のあるコピーライターを募集することが多いので、どのような業界であってもコピーライターとしてきちんと経験を積んだならば、転職の際はプラスに評価されるでしょう。

広告賞に応募

会社に入らなくても、一般公募の広告賞に応募して受賞を狙うという方法があります。実力がモノを言う世界ですので、自分のアピールポイントのひとつになります。

学生のうちから応募できるものが多いので、実力を図る意味でもぜひ挑戦してみたいものです。

養成講座で学ぶ

コピーライティングの基本的なスキルを専門的に学べる場所として、コピーライターの養成講座があります。

広告制作の基礎やコピーの書き方などが学べるほか、プロのコピーライターや広告制作現場で働く人の話が聞けることもあります。

講座に通いながら広告会社の人とコネクションを作ったり、賞に応募するなどして、デビューのチャンスを狙うという方法もあります。運がよければ、そこで出会った人から仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。

コピーライターに求められる能力

言葉が好き

コピーライターは、短い言葉で、心に残る表現を考える仕事であるため、言葉そのものが好きな人が向いているといえます。

日頃からテレビCM、雑誌広告、電車の中吊り広告などを観察し、キャッチコピーを見て「面白い」という感覚を持てるタイプであることが望ましいでしょう。

言葉のセンス

コピーライターとしてやっていける人はごく一部です。言葉のセンスがあることはもちろんのことですが、文章力も求められます。

協調性

コピーは一人で考えるもののように思われますが、実際には多くの人と打ち合わせを行いながら作業を進めていきますので、協調性があることも必要です。