フリーランスのコピーライターになるには

「いきなりフリーランス」は可能?

コピーライターを目指す人のなかには、「いつかフリーランスで活躍したい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、コピーライターとしてあまり経験がないうちにいきなりフリーランスになるのは、非常に厳しいといえます。

その理由は大きく分けて2つあります。

まず「仕事がない」ということ。

フリーランスになると、基本的にはすべて自分で仕事をとってこなければなりません。

しかし、そう簡単に仕事がもらえるとも限りません。

業界にコネや人脈がないうちにフリーランスになってしまうと、安定した収入が確保できず、生活が苦しくなってしまう場合もあります。

次に「スキルが追いついていない」こと。

せっかく仕事をもらえたとしても、良いコピーが書けなければクライアントに満足してもらえませんし、次の仕事にも繋がりません。

コピーライターは個人の力量が問われる仕事だからこそ、きちんと実績とスキルを身につけたうえでフリーランスになることを考えたほうがよいでしょう。

フリーランスを目指す方法

上記のような理由から、フリーランスのコピーライターを目指すには、まずは広告代理店なり制作プロダクションなりに入って、広告制作の現場で働いてみるのがベターです。

仮にアルバイトだとしても自分の熱意と努力次第で、スキルアップと人脈を広げてことは可能です。

できるだけ多くのコピーを書き、実績を積み上げていきましょう。

コピーの賞にも積極的に応募し、賞をとることができれば、自分のアピールポイントになりますし、クライアントからの信頼にもつながります。

また、会社で働いている間に人脈を広げられれば、フリーランスになっても引き続き仕事がもらえたり、営業活動がしやすくなります。

フリーランスになったとき、まったくのゼロからの営業活動では大変です。

業界である程度のつながりを得て、安定した仕事量が見込めるようになったのちに、フリーランスになる人が多いようです。

なるための方法はひとつではない

とはいえ、フリーランスのコピーライターになるために、絶対に決まった道のりはありません。

コピーライターの学校で学び、そこからコピーライターとして独立することを目指す人もいますし、最近ではクラウドソーシングのサイトを活用し、未経験者でもコピーライティングの仕事を得やすくなっているといえるでしょう。

自分なりに調べたり広告業界で働いている人に話を聞いたりしながら、活躍するための方法を探っていくことが大切です。