公務員のケースワーカー

ケースワーカーの多くは公務員

一般的に、「ケースワーカー」という職名を挙げるときは、福祉事務所などの公的機関において、地方公務員として働く人のことを指します。

社会福祉主事の任用資格を取得し、地方公務員試験(福祉職あるいは一般職)を受けて採用され、当該施設に配属されることで、ケースワーカーとして働くことになります。

公務員のケースワーカーの主な業務は生活保護に関する対応ですが、それ以外にも児童相談所、老人福祉施設、児童福祉施設など、それぞれの場で地域住民と接しながら対象者が抱える課題を解決します。

給与や待遇も公務員

公務員として働くケースワーカーは、当然、給与や待遇に関しても他の公務員と同様のものが適用されます。

具体的な額は自治体によって異なりますが、公務員としての安定した生活が保証されているといえます。

配置人数も自治体によって違いがありますが、最近では生活保護に関する相談援助のニーズが増えており、全体としてケースワーカーの需要は高まっているようです。

なお、一般職として採用された場合には、ケースワーカー関連以外への部署へ異動となる可能性も大いにあります。基本的に、一生ケースワーカーの仕事をすることはほぼないといえます。

民間施設で働く人もいる

なお、「ケースワーカー」の言葉の使われ方は曖昧な部分もあり、場合によっては民間の病院などで社会福祉の相談にのる人のことをこう呼ぶこともあります。

ケースワーカーは大半が公務員ではありますが、全員がそうだというわけないという風に考えておくとよいでしょう。

また、実際の業務はケースワークでありながら、「児童指導員」や「生活指導員」といったような、ケースワーカー以外の名前で呼ばれることもあります。