ケースワーカーの一日

ケースワーカーの代表的な職場は、全国の都道府県および市区町村に置かれた福祉事務所です。

福祉事務所にはケースワーカーのほか、保健師や医療ソーシャルワーカーといった福祉に関する専門職員が在籍し、地域住民の相談に応じながら、福祉施設や病院などの関連機関と連携をとり、対象者が抱える問題を解決に導いていきます。

ここでは、そんな福祉事務所で働くケースワーカーのある1日の過ごし方を紹介します。

福祉事務所で働くケースワーカーのある1日

08:30 出勤

パソコンを立ち上げて、メールチェック。当日の予定を確認して仕事の準備を始めます。

09:00 来訪者と面談

面談によって、相手の抱える悩みや問題を把握していきます。

11:00 電話対応

地域の方々から電話で問い合わせが入ることも多いため、交代で対応を行います。

12:00 休憩

昼食をとります。

13:30 訪問調査へ

ケースワーカーの中心業務である訪問調査に出かけます。

家庭を直接訪問し、生活保護に関する申請内容が正しいものかどうか、適性に保護費が使用されているかどうかなど、実態調査によって見極めていくものです。

外に出ているケースワーカー宛ての訪問者に対応を行うなど、内勤当番の日もあります。

16:00 事務所へ戻る

訪問調査を行った後は、その内容を必ず書類にまとめます。保護を受けている人に連絡を入れ、次の訪問の約束をします。

17:30 残務処理

デスクワークを続けます。生活保護の新規申請者に対する最低生活費の計算、保護費の計算など、コツコツとした作業も多々。この日は少し残業をして片づけることに。

19:30 退勤

日によって退勤時刻は前後しますが、この日は比較的早く帰れました。