客室乗務員(キャビンアテンダント)の仕事内容

航空会社の一員として働く

客室乗務員とは、旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着までさまざまな業務を行う仕事です。CA(キャビンアテンダント)というのは和製英語であり、海外ではフライトアテンダントまたはキャビンクルーと呼ばれています。

航空会社の組織は、おもに「運行部門」「サービス部門」「整備部門」「営業部門」の4つの部門で成り立っています。このうちサービス部門には「客室本部」があり、客室乗務員はそこに所属して働きます。

「客室乗務員」は私たちにとって身近な職業であるため、仕事に対するイメージもつきやすいでしょう。

しかしあくまでも航空会社の一員であり、他部門ともコミュニケーションをとりながら、安全性の追求と高い顧客満足度の実現に向けて社員全員一丸となって業務に当たっています。

航空機には最新の機器や高度なシステムが導入されていますが、それらを最終的に管理するのは「人」であることを忘れてはなりません。どれだけ技術が発展したとしても、航空会社のスタッフたちの力なくしては安全なフライトが実現できないのです。

「機内サービス」と「保安管理」

客室乗務員の仕事は、「機内サービス」と「保安管理」の2つに分けられます。

<機内サービス>
乗客が機内で安心かつ快適に過ごしていただけるよう、乗客一人ひとりの様子に気を配りながら食事やドリンクの提供などを行います。また、離着陸の注意事項や非常時の説明、機内食や新聞、雑誌、毛布の配布と回収、免税品の販売なども行います。

簡単なカクテルを作ったり、子どもの世話をしたり、乗客からの問い合わせに対応したりと、リクエストはさまざまですが、できるだけ応えるように努めます。

<保安管理>
保安管理とは、乗客の安全を守る業務です。日常的に機体に異常がないかなどの安全確認をすることと、緊急時には乗客の安全を守るため、迅速かつ適切な対応をとることが求められます。

機内で何かトラブルが起こった際の対応は、客室乗務員の大切な役割となります。急病人への救急処置、天候の悪化時の機内の安全確保、ハイジャックや緊急着陸時の乗客誘導など、空の上という特殊な場所で、乗客の安全を守るために、非常時に冷静に対応をしなければなりません。

また、フライト中には気流の変化により、急な揺れが予想されることもあります。しかし、飛行機を操縦するパイロットはコックピットを離れることができません。

そんなとき、客室乗務員はパイロットから飛行状況についての連絡を受けると、乗客にシートベルトを締めてもらうように誘導します。フライトに際して、パイロットと客室乗務員の密なコミュニケーションは欠かせません。

パイロットと連携し、天候や運行状況など各種の機内放送を担当することも客室乗務員の役目です。

「ベース」について

航空会社で勤務する場合に付きものなのが、「ベース」という言葉です。たとえば成田や関西国際空港など、「拠点となる空港」のことを指します。

大手の航空会社はベースが複数あるため、「成田ベース」や「関西ベース」などと言ったように、人によってベースが異なるのが一般的です。

客室乗務員はこのベースを拠点とし、フライトを往復しています。採用試験を受ける際には、どこにベースがあるかも確認しておくと良いでしょう。