通信のエアラインスクール・専門学校

客室乗務員の通信講座とは?

全国に数あるエアラインスクールや専門学校には、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)を目指す人が集まり、業界知識や一般常識、エントリーシートの書き方、マナー、メイクアップレッスン、筆記試験に向けた講義などが行われています。

これらの大半は教室に通って講義を受ける「通学制」ですが、中には「通信」で同様の講義を受講できる学校も存在します。

通信講座とは、学校から送られる教材(テキスト・DVDなど)を利用して、自宅など自分が好きな場所で好きな時間に学べる方法です。

最近ではインターネットを利用したオンライン講座も増えており、より通学に近い形で学べる仕組みを用意している学校もあるようです。

通信の特徴、メリット・デメリット

通信講座の場合、通学と比べて「この時間は勉強に集中しなさい」と強制されることが少ないこと、また基本的に自分一人で勉強することになるため、よほど強い意志を持っていなければだらけてしまいがちです。

ただし、学校が遠方であったり、仕事等の都合で定期的に通うのが困難といった人には向いている受講方法です。また、苦手な分野だけを手軽に学びたい人も、こういった通信講座を利用しているようです。

また通学制の学校の場合、入学金や受講料などを合わせて、安くても30万円〜50万円程度はかかることが多い中、通信講座では安いものだと数万円〜10万円程度に費用が抑えられるケースも多いです。