客室乗務員(キャビンアテンダント)の給料・年収

契約社員は時給制

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は、かつては高収入と言われた職業ですが、航空業界の競争激化により、給与は高いとはいえない状況になっています。

新卒で採用試験に合格しても、多くの航空会社が「契約社員」からのスタートとなっています。そのため、給料は時給制となります。ただし、ANAにおいては2014年より新卒採用を正規雇用すると発表しており、待遇の改善が期待されています。

時給に関しては、JAL(新卒)の1年目で1,133円、訓練期間中は933円。ANAの場合は、1年目は1,235円、訓練期間中は1,000円となっています。これらに加えて、乗務時間に応じた「乗務付加手当」が乗務時間あたり700円程度支給されます。

地上勤務をする時間は「乗務」にならないため、この手当は支給されません。そのため、初任給は厳しいものになるでしょう。契約社員の期間中は、年収200万円台になる人も多いようです。

外資系の航空会社の場合でも、同様か更に低いこともあり、どこで務めたとしても好待遇は見込めません。

給料は安い?

かつては高嶺の花とまで言われていた客室乗務員の給料は、年々減り続けていると言われています。たしかに、平成25年の平均年収は525万円程度。平成13年には679万円だったことを考えると、かなりダウンしていることになります。

近年はローコストの航空会社(LCC)が増えてきており、経費削減の流れが加速しています。正社員になっても各航空会社の経営状況が厳しいのは変わらず、この先も急激に年収が増えることは難しいといえるでしょう。

しかしながら、JALの業績が回復し、ボーナスが復活するなど好材料のニュースもあります。また、国際線であれば、仕事でさまざまな国に行くことができ、航空券も安く手に入ることがあり、給与以外の面で客室乗務員ならではの恩恵を受けることもできます。

各種手当

通勤手当、深夜勤務手当、精勤手当(ボーナス)などがあります。また、地方都市や海外では宿泊をともなう勤務となる場合もあり、その際には1日あたり数千円の手当が支給されます。

福利厚生

各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度、各種休職・休暇制度などがあります。契約社員の場合でもこれらの制度は利用できる場合がほとんどです。

客室乗務員の平均年収統計

厚生労働省の平成25年度賃金構造基本統計調査によると、客室乗務員の平均年収は35.1歳で525万円ほどとなっています。

・平均年齢:35.1歳
・勤続年数:9.9年
・労働時間:147時間/月
・超過労働:1時間/月
・月額給与:367,500円
・年間賞与:835,000円
・平均年収:5,245,000円

出所:厚生労働省「平成25年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

客室乗務員の年収(規模別)

客室乗務員の年収は、勤務先の企業の規模が大きいとやや高くなる傾向にあります。100人〜999人規模の事業所に勤務する客室乗務員の平均年収は471万円、1000人以上規模は550万円、10人以上規模平均は525万円となっています。
航空機客室乗務員の給料・年収(規模別)_25

客室乗務員の年収(年齢別)

客室乗務員の年収は年齢とともに上がっていきます。20代のうちは年収300万円ほどですが、40代で600万円〜800万円ほどとなっています。

しかしながら、40代以降の年収がそれ以下と比較してかなり高くなっているのは、過去の給与体系の名残りとも考えられます。今後は同様の給与の伸びを期待することは難しいですが、一時期よりは上昇傾向にあります。
航空機客室乗務員の給料・年収(年齢別)_25

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加