美容部員の仕事内容

化粧品を販売し、売上アップに貢献する

美容部員は、ファンデーションやアイシャドウ、シャンプー、マニキュアなど、さまざまな化粧品の販売をする仕事です。

活躍の場は、百貨店や駅ビルなどの化粧品売り場からドラッグストアまで多岐にわたります。

さまざまな業務を任されますが、来店したお客さまに化粧品をお勧めして買っていただき、売上アップに貢献することが美容部員の大きな役目です。

お客さまの好みを聞き、ファッションや髪型などに合わせ、季節感や流行を取り入れながら最適な化粧品をチョイスします。

カウンセリングが重要

「化粧品の販売」といっても、一方的に商品を押し付けることはしてはなりません。

お客さまによって肌質は異なり、抱える肌の悩みやメイクの悩みも異なります。

美容部員は化粧品のプロフェッショナルとして、お客さまにカウンセリングを行いながら、その方に適した商品を勧めていきます。

「接客力」が売り上げを決める

お客さまに商品を買ってもらうために大切なのは、その場で試してもらって商品の魅力を実感してもらうことです。

化粧水や乳液であれば、実際にお客さまの手の甲につけてもらって保湿力の高さやサッパリした感触を確かめてもらうこともありますし、ファンデーションやアイシャドウであれば、実際にメイクを施すことで発色を確かめてもらうこともあります。

いずれにしても、美容部員のカウンセリング能力やメイクのテクニックが、売り上げを決めるうえでの大きな要因となります。

カリスマ美容部員になると、顧客を多く抱えており、収入が高くなるケースも多いようです。

商品の発注や在庫確認の仕事も

接客以外の業務としては、商品の発注作業や検品、陳列、在庫確認などの仕事もあります。

化粧品は季節ごとに新商品が出ることが多いため、季節の変わり目にはこういった作業に追われることになります。

決して華やかなだけではなく、お客さまから見えないところでコツコツと動く地味な仕事もあります。

また、顧客を掴むための努力も必要です。

新商品の入荷やセールの情報をお知らせするダイレクトメールを書いて発送したり、お客さまに直接電話をかけることもあります。

このほか、売り上げの集計や店内の掃除などの雑用の仕事もあります。