弁護士の資格

私たちが社会で生活する上で、さまざまなトラブルはつきものです。

一方で一般人にとって法律は難解ですが、法律でさまざまな取り決めがなされている法治国家で生活する以上、知らなかったでは済まされないケースもあります。

自分では問題が解決できそうにないし法律の専門家に相談したいという場合も多いでしょう。そうした問題を解決するのが弁護士の役割で、重要であるゆえに資格取得も難関となっています。

弁護士になるには

弁護士の資格とは

弁護士資格は、高度で幅広い法律の専門知識を有し、徹底した教育を受けた者に与えられる法曹資格です。

そして、弁護士は社会で起こるさまざまなトラブルについて法的な観点からアドバイスや予防策を提示し、解決へと導いていく法律のエキスパートです。

その業務範囲は非常に幅広く、人々の権利を守りながら社会正義のためにつくすという使命に基づき、本人の代理人として相手方と交渉するといった法律行為や法律事務を行います。

弁護士の資格を取得するには

弁護士の資格は、原則として最難関ともいわれる司法試験に合格し、最高裁判所の司法修習を修了した人に与えられます。

以前は誰でも制限なく司法試験を受けられましたが、現行の司法試験制度では受験資格が必要となります。

司法試験を受けるためには主に、

1.法科大学院を卒業する
2.法科大学院卒業と同程度の知識を有していることを測る「司法試験予備試験」に合格する

という方法があります。

いずれの場合も、弁護士という最難関資格を得るには、非常に膨大で過酷な試験勉強を避けて通ることはできません。

また司法試験を受験する資格を得たとしても、原則として5年の間に司法試験に合格しなければならないため、計画的に勉強を進めることが必要です。

晴れて司法試験に合格した後は、最高裁判所の司法修習を1年受け、最終試験に合格することで、裁判官・検察官・弁護士となる資格(法曹資格)を得ることができます。

弁護士として活動する場合は、活動する地域の弁護士会に登録することが必要となります。

弁護士資格認定制度とは

弁護資格を得る方法として、法務大臣の認定を受けた者に弁護士資格を付与される「弁護士資格認定制度」があります。

たとえば、司法試験を合格したものの弁護士登録せずに別の司法修習に代わるような業務についていた場合や、非常に稀ですが公務員の検察事務官から特任検事に認定され、その後弁護士資格を認められる制度です。