アスレティックトレーナーになるには

アスレティックトレーナーになるための2種類の方法

アスレティックトレーナーになるには2種類の方法があります。

JATAC-ATC

ひとつめは柔道整復師、鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、作業療法士といった国家資格を取得してから、「認定アスレチック・トレーナー:JATAC-ATC」という民間資格をとる方法です。

柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事
鍼灸師の仕事
理学療法士の仕事
作業療法士の仕事

アスレティックトレーナーとして仕事をする際、治療が必要な場面もでてきますので、さきに国家資格を取得する方はたくさんいらっしゃいます。

JASA-AT

ふたつめは養成講習会を受講するか、適応コース承認校を卒業して「日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)」という民間資格を取得する方法です。

養成講習会には受講条件があり、満20歳以上で関連団体の推薦と日本体育協会の認可が必要です。

推薦を得るためには関連団体におけるトレーナー活動実績がほとんど不可欠で、養成講習会の受講人数もかぎられていることから、現実的には承認校への進学が推奨されています。

日本体育協会(JASA) 学校でも資格をとれます

資格取得後の就職先

アスレティックトレーナーの民間資格を取得したあと、プロや実業団のスポーツチームの専属トレーナーとなるのは非常に狭き門といわれています。

現実的には上記の国家資格を取得して、まずは接骨院や鍼灸院、治療院などの施術所や整形外科などの医療機関で生計を安定させたうえで、アスレティックトレーナーとしての実績を重ねるという方もいらっしゃいます。

また最近ではスポーツジムやフィットネスクラブ、地域のスポーツ施設などにもATの職域はひろがっています。

コンディショニングコーチ資格の「NSCA-CSCS」やパーソナルトレーナー資格の「NSCA-CPT」、健康運動指導士・健康運動実践指導者、フィットネストレーナー資格の「NESTA-PET」などの民間資格も取得して幅広く活躍される方もいらっしゃいます。