アパレル店員の魅力

ファッションのトレンドに敏感になれる

アパレルショップでは、冬の寒さが和らぎ始める頃には色鮮やかな春物を展開したり、夏の終わりになると早くも秋・冬ものを登場させるなど、世間のシーズンを少し先取りして洋服を売っていくことになります。

そのため、アパレル店員は流行を早め早めに察知しながら仕事を進めます。消費者の立場ではなかなか得られにくい業界の最新情報や、トレンドを知ることができるのはアパレル店員の魅力といえます。

また、一緒に働く仲間もファッションが好きでトレンドに敏感な人が多いため、お互いに情報交換し合いながら刺激的な日々が送れるはずです。

勤務中は長時間立ちっぱなしになるなど大変な面もありますが、ファッションを愛する人とっては、この上なく幸せな仕事といえるのではないでしょうか。

初対面の人とのコミュニケーションが上手になる

アパレル店員は「人」と接する仕事ですが、決して誰もが最初から会話上手というわけではありません。

真面目に、前向きに仕事に取り組む気持ちがあればアパレル店員になることはできますし、お客さまとの距離の取り方や会話の進め方にも次第に慣れてきます。

そして、日々さまざまな人と接するこの仕事をして続けていくうちに、初対面の人とのコミュニケーションが上手になっていくものです。

中にはプライベートでは人見知りだけれど、仕事では別の顔が現れて、周囲がビックリするぐらい喋り上手になるという人もいます。

いずれにせよ、アパレル店員としての経験が長くなると、初対面の人ともあまり緊張せず話せるようになったという声はよく聞かれるところです。

社販で洋服を安く買うことが可能

アパレル店員は、基本的に自社の洋服や小物を身につけて売り場に立ちます。そうすることで商品の魅力を伝えたり、着こなし方のアピールにもなるからです。

自分が仕事で着る洋服は普通、自分で買わなければなりませんが、「社内販売制度」を利用することで通常価格よりも安く購入することが可能です。

割引率はだいたい3割引〜5割引になることが多いですが、中には7割引やそれ以上の割引率を設定する企業もあるようです。安く新しいアイテムをたくさん買えるのは、この職業の特権といえるでしょう。

仕事体験談