あん摩マッサージ指圧師の志望動機・面接

人を健康にしたい

あん摩マッサージ指圧師を目指す人は、どのような志望動機を持っているのでしょうか。

もちろん、人の数だけ志望動機もあるといえますが、多くの人が持っている思いとしては「身体の不調に悩む人を助けたい」「健康に興味がある」といったものが挙げられます。

また、「自分自身が過去にあん摩マッサージ指圧師の治療を受け、身体が楽になって救われた」という経験を持つ人も少なくありません。

そのような経験から、「今度は自分が治療する側に回り、人を助けたい」という思いを持って、この仕事を目指す人が多いようです。

手に職を付けたい

もう一つ、この仕事の志望動機として多く聞かれるのが「手に職を付けて働きたい」といったものです。

長引く不況の影響により、将来に不安を抱える人は少なくありません。

大企業に就職すれば一生安泰という時代ではなくなっている今、「自分自身の腕一本で食べていける技術を身に付けたい」という気持ちで、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を得る人も増えているようです。

もちろん、「手に職を付けたい」という思いも十分な志望動機になるでしょう。

しかし、あん摩マッサージ指圧師は決して楽な仕事ではありません。ただ自分のためというだけでなく、「人のために技術を生かす」という気持ちがなければ、なかなか務まらないでしょう。

自分なりに「何のために働くのか」というところまでしっかりと考え、具体的に語れるようにすると、より説得力があり、やる気の伝わる志望動機になるはずです。

面接で聞かれること

治療院や病院等の就職試験では、ほぼ確実に面接が行われています。

面接では志望動機のほか、学校で学んだこと、職歴(経験者の場合)、趣味・特技、さらに将来の目標を聞かれることもあります。

「○年後には独立を目指したい」などの目標を持っているのであれば、ぜひ自信を持って伝えましょう。

たとえ、まだ明確な目標が決まっていなかったとしても、簡単に「特にありません」と答えてしまうようでは面接官に良い印象を与えません。

この仕事は実力が問われる専門職ですから、「日々勉強を続けてスキルアップし、多くの患者さんに頼られる存在になりたい」といったように、向上心をアピールすることが大切です。

また、あん摩マッサージ指圧師はさまざまな年代の患者さんと接するため、人間性が問われます。

面接では人当たりの良さ、雰囲気、話し方などもチェックされていると考えて、適切な言葉遣いや身だしなみで臨みましょう。