あん摩マッサージ指圧師になるための学校

全国でも数少ない

あん摩マッサージ指圧師になるには、専門の学校に入ることが必須ですが、その数は多くありません。はり・きゅうの勉強ができる学校は多いのですが、あん摩マッサージ指圧師の勉強ができるところは、圧倒的に少ないのです。

現在、全国で約20校しかなく、倍率も高い場合が多いので、ある程度の勉強が必要になるでしょう。

もともと、おもに視覚障害のある人たちのための仕事だったので、それ以外の資格者が増えすぎないよう、規制がかけられたのが学校が少ない理由のひとつです。

とくに北海道には一校もなく、東北でも仙台にわずか一校があるのみです。大学は、筑波技術大学しかなく、視覚障害者しか入学できないので、それ以外の人は専門学校を探すことになります。

夜間部を設けているところもあるようです。

履修科目・学費など

学校では、たとえば次のような科目を学びます。

・医療概論
・解剖学
・生理学
・衛生学・公衆衛生学
・病理学概論
・臨床医学総論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論

また、実技講習も多く設けられています。

あん摩マッサージ指圧師の受験資格と一緒に、はり師・きゅう師の受験資格も取れる学校が多くあります。

3つの試験には共通の科目も多いのですが、国家試験を受ける際は、共通科目は免除されるので、同時に資格取得を目指すといいでしょう。

すべての学校で可能というわけではないので、どんな資格がとれるのかを事前にリサーチしてから、進学する必要があります。

学費ですが、専門学校の場合、目安としては、3年間で合計400〜500万円の間が多いようです。

はり師・きゅう師の資格を同時に取得できる学校であっても、およそ500万円ほどが多く、それほど学費は変わらない傾向にあります。