回答者:izuminさん(女性/31歳)

職業名:幼稚園教諭 / 現在の状態:現役 / 経験年数:4年

仕事内容
勤務地は京都、各学年2クラスの中規模幼稚園で4歳児の担任を持っています。

目指すきっかけは、主人の実家が幼稚園を経営していたからです。

京都は全国で1、2を争うほど幼稚園協会・連盟が強いので、私立の幼稚園が多く、また大学が多いので教職員も豊富です。
仕事のやりがい
幼稚園は集団行動で生活の約束を守りつつ遊びながら成長していく場所です。

はじめは集団に入れなかった子どもが、日々の子ども同士の生活の中で声を掛け合い、行事を通じて成長していく姿はいつも涙がでるほど嬉しいです。
覚悟しておいた方がいいこと
体力と忍耐力です。

女性の世界なので、足の引っ張り合いは必ずあります。

世間体は最高です。

将来性は自分次第で、自分の子どもが生まれたら育てやすいとは一様に言われます。

待遇はいいものではありませんが、年度末に渡される花束と涙で大概の嫌なことは流れていきます。
給料・待遇
お給料が手取り20万円以下から始まり、50代のベテランの主任でも月給手取り30万円を超えることは極めて稀です。

夏休みなどの長期の休みも出勤はあります。

勤務時間は8時~17時が基本ですが預かり保育も増えてきたので、保育園式の勤務体制もあるようです。
この職業の恋愛・結婚事情
出会いはまずありません。

学生時代のツテを頼り紹介をしてもらい、紹介もし、結婚にやっとこぎつける感じです。

子どもが小さいうちは働かず、小学校に進級したくらいから復帰することが多いです。

産休・育休という言葉は保育園で通用するもので、幼稚園ではまずありません。
この職業を目指す人へのメッセージ
子どもが好き、というだけでは続きません。

でも、子どもが好き、ということがなければ入れません。

「先生見て」、「先生できたよ」と毎日子どもたちが頼って求めてくる立場です。

一生の仕事です。

つらくても、後悔はしたことはありません。

嫌なことは寝たら忘れる!くらいのタフさがつきますよ。