鉄鋼メーカー社員の志望動機・面接

志望動機

鉄鋼メーカーの志望動機として多いものは、「鉄鋼が身の回りのさまざまなものに利用されていることを知り、産業を支える鉄づくりの仕事に携わりたいと思った」というものです。

自動車、鉄道、船舶などの輸送機をはじめ、建物や橋、あるいは家電、容器や缶といった暮らしに身近なものまで、ありとあらゆるものづくりに鉄は使われています。

世界的にも評価が高い日本のものづくりを支える存在として、鉄鋼産業や鉄鋼メーカーはなくてはならない立場にあるといえます。

こうした「社会に不可欠な仕事」に携われることに魅力を感じたことによって、鉄鋼メーカーを志望するに至っている人がたくさんいます。

また、製鉄は大きな工場で行われるため、会社説明会などで工場見学などを経験したときに、そのダイナミックな仕事内容に魅了されてという人も少なくないようです。

もちろん、大学や大学院で材料学などの勉強や研究をしてきた人は、学んだ知識を生かしたいという気持ちで志望するケースも多くあります。

なお、国内に鉄鋼メーカーは数多くあるため、「なぜ、この会社なのか?」という問いに対する答えについても、志望動機に盛り込んでおきたいものです。

面接で重視すべきポイント

鉄鋼メーカーの面接では、さほど変わったことを問われることは多くないようです。ただし、大手鉄鋼メーカーでは、内定に至るまでの複数回の面接が行われることが珍しくありません。

志望動機、自己PR、学生時代に学んだこと、アルバイト経験、自分の強みと弱み、入社後にどのような仕事がしたいか、といった一般的なことをきちんと答えられるようにしておくとよいでしょう。

もちろん、鉄鋼業界についての現状について研究しておくことも大切です。

なお、製鉄業界はグローバル展開を積極的に行っている企業が多いため、職種によっては海外で働くことに対する考え方を問われることもあるようです。

面接や志望動機の対策

鉄鋼メーカーの志望動機は、なぜ鉄鋼メーカーなのか、鉄鋼メーカーの中でもなぜその会社なのかということがしっかりと伝わるようにする必要があります。

鉄鋼会社の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で鉄鋼会社への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

メーカーの分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、鉄鋼会社の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。