鉄鋼会社社員の仕事、業務内容

暮らしに不可欠な鉄を作り出す

鉄鋼メーカーは、素材の一つである「鉄」を作り出し、世の中に供給する企業のことをいいます。

地球上に存在するさまざまな天然資源のなかでも、鉄は固くて強く、さらに自在に加工しやすいことから、自動車、鉄道、船舶などの輸送機をはじめ、ビルやマンションなどの建築、産業機械、家具・家電、さらにはジュースの缶など、身の回りのありとあらゆるものに利用されています。

鉄は高度成長期には「産業の米」と呼ばれてきたほど重要視されていた資源でしたが、現代においても、私たちの生活は、もはや鉄なしには成り立たないといっても過言ではありません。

鉄鋼会社の種類

鉄は、金属やガラス、プラスチックといったあらゆる素材の中で、最もリサイクル性に優れた素材となっています。

そのリサイクル率は40パーセントを超えるとされており、世界で製造される鉄の半分近くは、自動車や機械のスクラップ、空き缶などが原料となっています。

現在の鉄鋼の作り方は、大きく分けて「高炉法」と「電炉法」の2つの方法があります。

鉄鋼メーカーについても、鉄鉱石そのものから鉄を製造するための「高炉」を持つメーカーと、おもに鉄のスクラップを溶解する「電気炉」を持つメーカーの2通りの会社に分けることができます。

なお、高炉法で鉄鋼を製造するには非常に大掛かりな設備が必要になるため、高炉を持つメーカーはそう多くはなく、国内では大手メーカー4社(新日鐵住金、神戸製鋼所、日新製鋼、JFEスチール)がシェアのほとんどを占めているとされます。

このほか、高度な鉄合金を生産する「特殊鋼メーカー」という鉄鋼メーカーも存在します。

あらゆる産業と密に結びついている

鉄鋼メーカーの仕事は、基本的に企業間で取引が行われるBtoBのビジネスが中心となります。

官公庁、建設、鉄道、自動車、資源会社、商社、エネルギー、IT、家電メーカーなど、「鉄」を必要とする業界はたくさんあります。

それらの各企業と取引をし、質の高い鉄を提供して利益を出していくことが鉄鋼メーカーの基本的な役割です。

そこでは営業、研究開発、企画、原料購買、製造技術、生産管理といった、さまざまな職種の社員たちが活躍しています。