鉄鋼会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

鉄鋼メーカーの採用試験を受験

鉄鋼メーカー社員として働くには、各鉄鋼メーカーが実施する社員採用試験を受験する必要があります。

国内の鉄鋼メーカーは、大きく以下の3つのグループに分けられます。

1.高炉メーカー
2.電炉メーカー
3.その他(特殊鋼専業メーカーなど)

このうち、「高炉メーカー4社」といわれる新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所、日新製鋼は、鉄鋼メーカーのうち最大手となっています。

組織としての規模が大きく、基本的に新卒採用試験を毎年実施。例年、だいたい100名以上の新卒社員を採用しています。

これ以外にも、電炉メーカーや特殊鋼専業メーカーなどがたくさんあり、新卒採用を実施している企業はいくつもあります。

大学や学部・学科の指定は?

鉄鋼メーカーの新卒採用試験は、たいてい「事務系」と「技術系」の2つの区分で行われています。

多くの企業において、学歴は「大学院または4年制大学を卒業見込み」であることが求められますが、一部、「すでに大学院または4年制大学を卒業されている人で、就業経験のない人」も応募できる企業があります。

また、高等専門学校の学歴でも応募できる企業もあります。

事務系は、営業、生産管理、経理、財務、法務、人事といった幅広い職種に携わり、技術系は研究開発、設計、生産技術、品質管理、技術営業などの仕事に携わります。

事務系の場合、学部・学科は不問とされていることがほとんどです。

技術系に関しても、応募に際して学部・学科が限定されるないこともありますが、専門性の高い仕事に就くことから、機械、金属、材料、電気、電子、情報、化学、物理、経営工学、土木、建築、水道、衛生、数理、環境、生物といった理工系学生を対象としている企業が中心となります。

採用の状況は?

2020年の東京五輪に向けた新たな建築物の建設ラッシュ、鉄道や高速道路といったインフラ整備が進むことが予測されることから、鉄鋼の需要は拡大傾向にあります。

大手メーカーでも年度によって求人数に若干の上下はあるようですが、しばらくは安定した状況が続くものと考えられます。