女性の鉄鋼会社社員

女性が鉄鋼メーカーを志望する理由

鉄鋼メーカーというと、「男性中心の世界」とイメージする人は多いかもしれません。

しかし、最近では女性が鉄鋼メーカーで働くことも決して珍しいものではなくなっており、事務や管理系の仕事だけではなく、研究、生産管理、エンジニア、整備技術など、男性と同じく多様な職種で女性が活躍しています。

女性が鉄鋼メーカーを志望する理由にもさまざまあるようです。

たとえば、

・鉄鋼という素材を通じて社会貢献がしたい
・見学した製鉄所の迫力に驚き、魅了された
・自分たちがつくる鉄がいろいろな産業で使用されることに魅力を感じる
・大学での勉強(金属工学など)を生かしたいと思った
・スケールの大きな仕事がしたい
・鉄鋼業界の長い歴史に魅力を感じた

などが挙げられます。

もちろん、男女で採用試験の選考方法が変わることはありません。まだまだ職場によっては圧倒的に女性が少ないケースもありますが、今後も女性が鉄鋼業界に進出していく例は、さらに増えていくものと考えられます。

女性のキャリアを支援する取り組み

少子高齢化が進み、ますます労働人口が減っていくと予測される今、「女性を積極的に採用すること、そして入社した女性に長く働いてもらうこと」は、どの企業にとっても重要な課題の一つとなっています。

こうしたことから、より女性にとって働きやすい職場環境をつくるべく、各社とも新しい制度や福利厚生の整備に力を入れる傾向が強くなっています。

たとえば女性独自の育成プランの導入、女性社員同士の交流会、あるいは子育てと仕事を両立するための在宅勤務制度や育児休暇などがその例です。

最近では女性が管理職になる例や、海外赴任などでグローバルに活躍する例も増えています。

大手鉄鋼メーカーを中心に、各社の企業Webサイトでは社内で活躍中の女性に焦点を当てた特集記事を掲載していることが多いため、チェックしてみるとよいでしょう。