鉄鋼会社社員に向いている人、適性

ものづくりの根幹を担う仕事への熱意

鉄鋼産業は、自動車、船舶、家電、建築、商社など、さまざまな産業と密接に結びついており、あらゆるものづくりの根幹を担う存在として重要な立ち位置を築き上げています。

もちろん鉄鋼メーカー自体も、高度な技術力を強みによりよい鉄を生み出し、新たなマーケットを開拓しています。

世の中のありとあらゆる製品の源となる鉄鋼を扱うだけに、「社会を支えるものづくり」に携わりたいという気持ちがある人が、鉄鋼メーカー社員には向いているといえるでしょう。

スケールの大きな仕事に挑戦したい人

最近の鉄鋼メーカーでは、海外展開を拡大する傾向がますます強くなっています。

そのため、社員にも「グローバル」を意識した働き方が求められるようになっており、世界を舞台にチャレンジすることにも臆しない人が必要とされています。

鉄鋼業界は歴史がある産業であることから「安定していそう」という理由で志望する人もいるようですが、業界内での競争が厳しくなっているだけに、どんどん道を切り開いていける人のほうが、鉄鋼メーカーで働くうえでの適性があるといえます。

スケールの大きな仕事に挑戦したいという熱意とバイタリティがある人は、歓迎されやすいでしょう。

多種多様な仕事に前向きになれる人

鉄鋼メーカーでは、営業、原料調達、品質管理、設備技術、研究など、じつに多様な職種のプロフェッショナルたちが活躍しています。

とくに総合職として採用された場合には、数年ごとにジョブローテーションをしながらさまざまな経験を積み、豊かな人間性と幅広いスキルを備えた人材へと成長することが求められます。

場合によっては、自分が望んでいない部門への配属や、仕事を任される可能性もあります。そうしたことも自分を成長させるチャンスととらえ、前向きに取り組んでいける人が、鉄鋼メーカー社員には向いているといえるでしょう。

自分が鉄鋼メーカーに本当に向いているのかどうかイマイチ分からない人は、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用してみましょう。

キャリアチケットはマンツーマンで鉄鋼メーカーに向いているかどうかについてアドバイスや、面接対策や書類添削をしてもらうことができます。