化学メーカー社員の仕事、業務内容

原料を化学反応で加工する会社

化学メーカーといっても、なかなか一般の人には実態が見えづらく、いったい何をしているのかまったくわからないという人も多いかもしれません。

化学メーカーを一言で簡単にいうと、「原料を化学反応で加工する会社」のことをいいます。

具体的には、ある原材料を仕入れ、それに対して合成・分解・重合反応といった「化学変化」や「分離・精製操作」といった作業を行うことで、価値の高い製品を作り出していきます。

そして、生み出した製品を顧客に販売していきます。

化学メーカーの種類

化学産業は「素材産業」の代表的なものであり、化学反応を利用する製造業の一種になります。

化学メーカーを細かく見ていくと、石油、ガス、高分子(フィルム、繊維、電子材料)、無機材料(ガラス、セメント)など、さまざまな分野に分けることができます。

企業によってどのような分野に強みを持っているかは異なりますが、複数の分野を手掛けているところも少なくありません。

とくに大手財閥系化学メーカーでは、あらゆる分野をカバーしています。

身近なものにも化学が使われている

化学は目に見えない部分も大きいですが、私たちの身近なものにも、化学メーカーの製品が使用されていることは多々あります。

携帯電話のレンズ、香料、ペットボトル、ゴムなども、化学の力なくして生み出すことはできません。

非常に高い技術力を要する仕事ですが、まさに人々の暮らしを根底から支えることができる仕事です。

化学メーカーで働く人

化学メーカーでは、研究職や技術開発職、研究開発職といった技術系のポジションでとして働く人を中心に、お客さまと社内をつなぐ営業、資材調達をする購買、あるいは企業経営を支える管理系業務など、多様な職種の人たちが活躍しています。

化学メーカーの仕事は基本的に対法人向けのBtoBビジネスです。社会に与える影響度も大きく、誇りを感じながら仕事をすることができるでしょう。