化学メーカー社員の志望動機・面接

志望動機

「化学」といってもなかなかイメージがしづらく、就職のための志望動機を考えるのも一苦労と感じるかもしれません。

志望動機は絶対にこうでなくてはならないというものはありませんが、ここでは化学メーカーで働く人が、どのような志望動機を持っているのか紹介していきます。

まずは、「世の中を支える素材の開発に携わりたい」といった内容です。

日常生活では意識することがないかもしれませんが、自動車もITも、さまざまな素材によって製造されており、その素材の基となる化学技術なくして生み出すことはできません。

スマートフォンなど多くの人が手に取る最先端の製品も、化学メーカーが技術開発をしてきた結果として完成したものです。

化学は人々の暮らしを支えていると同時に、新しい社会の可能性を開き、世界を変えることすらもできるかもしれません。そうした点に魅力を感じ、化学メーカーでものづくりがしたいと考える人は多くいます。

また、とくに大手中心ですが、化学メーカーはグローバル展開をしている企業も増えていること、そのなかで若手社員にも積極的に新しい仕事を任せていく傾向が強くなっていることから、「チャレンジできる環境」を求めて、化学メーカーを志望する人もいるようです。

面接のポイント

化学メーカーの採用試験でも、他業界と同じく面接が行われます。

さほど難しいことは問われないものの、技術系職種を志望する場合には大学や大学院で勉強・研究してきたことと、それを仕事にどう生かしていきたいかということまでしっかりと話せるようにしておく必要があります。

また、「なぜ化学業界に興味を持ったのか」「たくさんある化学メーカーのなかでこの会社を志望する理由は」といったこともよく聞かれる質問の一つです。

そのほかには、自己PRや学生時代のサークルやアルバイトについて、強み・弱みなど、一般的な質問が多くなるでしょう。