女性の化学メーカー社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の化学メーカー社員の現状

化学業界は理系出身者が大多数を占めているため男性のイメージが強い業界です。

加えてBtoBビジネスが主流ということもあり、少し硬いイメージを持たれているかもしれませんが、極端に女性が少ないということはありません。

ある化学メーカーのコーポレート・事業系の新入社員は40%以上が女性というデータが公表されていますし、女性技術系総合職の採用比率をここ数年間は20%以上を維持しています。

近年、社会全体として女性の活躍を推進する動きが常識になっています。

化学業界も例にもれず、意欲的な女性を積極的に採用する流れになっており、大手化学メーカーは、女性社員が働きやすい環境であることをアピールしています。

さらに女性管理職を育てていきたいという意向も強くなっており、メーカーによっては具体的な数値目標を掲げて女性管理職を増やす取り組みが行われています。

女性の化学メーカー社員の強み・弱み

職種を問わず、化学メーカーの仕事に男女差はないため、女性だからという理由で強み・弱みはありません。

細かなことでいえば、重いものを運ぶなど体力的にどうしようもないこともありますが、男性社員のサポートもあるので心配する必要はないでしょう。

化学メーカーの総合職は研究開発や技術管理、生産管理といった技術系から事業企画や生産企画、営業に購買などの事務系まで、多様な部署において責任ある仕事を任される可能性があります。

全ての職種に男女差は関係ありませんので、自分の頑張りしだいで活躍できるポジションはたくさんあります。

女性の化学メーカー社員の結婚後の働き方・雇用形態

結婚をしたからといって働き方や雇用形態が変わることはありません。

化学業界に限らず、昔は結婚や出産を機に退職する風潮はありましたが、昨今は結婚しても仕事を続けられる社会になっています。

教育や育成コストを考えれば、会社としても高度な知識を有した人材を簡単には手放したくないはずです。

出産・育児を経ても復帰しやすい職場環境の整備も進んでいますし、各社ワークライフバランスへの取り組みも行われているので結婚後の働き方を心配する必要はないでしょう。

化学メーカー社員は子育てしながら働ける?

育児と仕事の両立支援制度は各社整っているので、子育てしながらでも化学メーカー社員として働けます。

育児に関する制度をいくつか挙げると、育児短期間勤務制度、在宅勤務制度、超過勤務免除・制限、深夜勤務の免除などがあります。

ほかにも事業所内保育所を設置している会社もありますし、出産や育児を理由に退職した人のための再雇用制度を設けている会社もあります。

出産手当金や出産育児一時金、ベビーシッター利用料補助、育児に関する補助金など、育児と仕事の両立に対し積極的なサポートをする会社が増えています。

もちろん会社によって支援内容に違いはあるので、入社を希望する化学メーカーの福利厚生はしっかり確認しましょう。

また、育児休業復帰後の定着率や時短勤務利用者数などを公表しているメーカーもあるので、子育てしながらでも働きやすい会社かどうか、データで確認することもたいせつです。

化学メーカー社員は女性が一生働ける仕事?

業務面で男女差はなく、仕事と育児の両立支援制度も整っており、化学メーカーは女性が一生働ける環境といえます。

化学メーカーには多様な分野がある上に、活躍できるフィールドが幅広いため、自分しだいでさまざまな活躍の仕方ができるのではないでしょうか。

男性社員の割合はどうしても多いものの、女性社員の採用割合を増やすと同時に女性管理職を増やす取り組みも行われています。

今後もその流れが変わることは考えにくく、化学メーカーへの入社を目指す女性にとってもさらに魅力的な環境になっていくでしょう。