化学メーカー社員の勤務時間・休日・残業は多い?

化学メーカー社員の勤務時間

化学メーカーは多様な職種があるため、勤務時間もそれぞれ違います。

本社などで勤務する総合職などはおおむね9:00~18:00くらいが勤務時間となり、ほかの業界の社員と変わりません。

ただし、大手化学メーカーの採用情報を確認すると、フレックスタイム制度やテレワーク制度、裁量労働制度を取り入れているメーカーもあり、働き方は多様化しているといえます。

工場で勤務する専門職も同様ですが、30分ほど勤務開始が早めに設定されているケースがあります。

また、24時間稼働する工場だと7:30~20:00、20:00~7:30など交代制勤務もあります。

全国規模になれば勤務地によっても異なる場合もあるので柔軟に考えたほうがよいでしょう。

化学メーカー社員の休日

ほとんどの場合、完全週休2日制です。

日勤であれば土・日・祝日が休日ですが、工場で交代制勤務に就いていれば曜日固定の休みではなく、他のスタッフと交代で休日を取得します。

そのほか、年次有給休暇、年末年始休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇など、一般的な休暇制度もあります。

また、昨今は国を挙げて仕事と家庭の両立が推進されています。

産前産後・育児休暇はもちろんですが、出産サポート休暇といった配偶者向けの休暇制度の整備も進んでいます。

化学メーカー社員の残業時間

化学メーカーは比較的残業は少なめといわれています。

ある大手化学メーカーの採用サイトには、月の残業時間平均は約21時間と記載されており、決して多いわけではないようです。

化学業界に限らずですが、働き方改革が推進されているため残業時間の上限は厳しく制限されています。

今後もその動きは継続されるため、業務を計画的に進める能力は強く求められていくでしょう。

もちろん、繁忙期やトラブル発生時、スケジュールに間に合わせる時などには残業をして対応することもあります。

研究職であれば後工程に影響が出るため何としても期日までに実験データをそろえたり、工場勤務であれば顧客に必要数を納品するために残業対応することもあるでしょう。

部署により事情はさまざまですが、「残業が発生する可能性はある」ということです。

化学メーカー社員は忙しい? 激務?

残業はあるものの激務ではありません。

化学メーカー各社もワークライフバランスを重視し、仕事もプライベートも充実させた働き方が中心になっているといます。

ただし、「激務ではない=忙しくはない」ではありません。

化学業界は日本の基幹産業の一つであるため、求められることが多いのも確かでしょう。

研究や製造の難易度が高ければそれだけ時間も費やしますし、売り上げが悪い部署であればやることも多くなります。

結果を出すために試行錯誤をしつつ、効率よく業務をこなすスキルも求められます。