人材派遣会社社員に必要な資格・スキル

人材派遣会社で働くのにおすすめの資格は?

人材派遣会社を目指すうえで、なにか特別な資格が求められることは普通ありません。

採用試験の応募条件として資格が掲げられるケースもほとんどなく、新卒や未経験者を対象とした採用であれば、熱意や意欲があり、自社との適性があると認められれば就職することは十分に可能です。

業務上必要なスキルは、就職後に会社の研修や実務を通じて身につけていくことができます。

中途採用の場合も、資格は求められない場合が多いです。

前職までの経験やどのようなスキルがあるのかを確認されることはありますが、もともと未経験でも転職しやすい業界ではあるため、資格の必要性はほとんどないと考えておいてよいでしょう。

ただし、一部の職種では、持っておくと役立つ可能性のあるスキルや資格がありますので、それらを紹介していきます。

人材派遣会社の営業に有利な資格

人材派遣会社の営業は、スタッフの派遣先となるクライアント企業への営業活動を行います。

働き手を探している企業へアプローチし、求める人材像(担当業務、スキル等)について詳しくヒアリング。

さらに就業条件についてすり合わせを行い、企業のニーズを満たしながら、派遣スタッフが安心して働ける状況をつくり出します。

モノを売り込む営業というよりも、企業のニーズをいかに引き出せるかが重要になってくるため、相手の話を正しく聞く力に加え、交渉力や提案力を身につけているとスムーズに事が運びやすいでしょう。

業種問わず、サービスを提案する法人営業として働いていた経験がある人は有利になることが多いでしょう。

人材派遣会社のアドバイザーに有利な資格

人材派遣会社のアドバイザーは、派遣として働きたいと考える人と面談をし、キャリア相談にのったり、新しい派遣先を紹介したりする仕事です。

その人が転職によって実現したいことや、理想の働き方を聞き出したうえで、最適な企業の紹介につなげます。

ヒアリング力はもちろん、情報を論理的にまとめてわかりやすく伝える力、また不安を抱えている相手の気持ちに寄り添う姿勢などが求められます。

また、さまざまな業界の基礎知識を持っておくと、派遣スタッフに対してより深いアドバイスや理解がしやすくなるでしょう。

そういった意味では、どのような経験を積んできた人にも前職までの経験を生かせるチャンスがあります。

必須ではなくても、国家資格の「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」、あるいは民間の「キャリアカウンセラー」系資格を取得していると、仕事に生かせることがあるはずです。

人材派遣会社のコーディネーターに有利な資格

人材派遣会社のコーディネーターは、企業によっては営業やアドバイザーが兼務しています。

働き手を探す企業と、派遣として働く場所を求めるスタッフをうまくマッチングさせるのが、コーディネーターのおもな役割です。

両者の希望や適性をよく把握したうえで、双方にとってメリットのあるマッチングをしなくてはなりませんから、調整能力が必要です。

また、コーディネーター職は企業やスタッフに対して電話やメールで細かく連絡をとったり、書類を作成したりする機会が多いため、事務処理能力が求められます。

アドバイザー職と同様に「キャリアコンサルタント」などの資格を持っていると、携わることができる仕事の幅が広がってくるでしょう。