医学部ではどんな勉強をする? 実習の内容は?

医学部での勉強は?

医学部での6年間はよく勉強漬けといわれますが、最難関といわれる医学部の受験に合格し、晴れて入学した後も、入学直後からみっちり6年かけて医師として必要な知識や技術を学んでいくことになります。

6年間の教育内容としては、教養課程と専門課程がカリキュラムされたものになっており、一般の他の学部と異なりほとんどの科目が必修となっています。

人間性を深める教養課程

医学部生は入学後、1年から2年の前期までの期間で、視野を広げ、教養を深めることを目的として語学や医学科以外の科目などの教養科目を学びます。

最近の傾向としては、教養課程の時間を短縮し、早めに専門的な基礎医学を学ぶ大学が国公立私立問わず増えているようです。

また、医学部ならではの教養課程の科目として「医学英語」というものがあります。

医師は英語と切っては切れない職業であり、実際に医師になった後も論文を読んだり書いたり、専門書を紐解いたりといった際に英語を使う必要があるため、学生のうちから医学英語をしっかり学ぶというものです。

医師として必要な知識を身に付ける専門課程

医学部では教養課程と並行しながら、2年次の後半には医学の専門課程の講義が始まることが多いです。

一般的に医学部生は、2年次から3年次にかけて人間の身体の仕組みやメカニズムについて学ぶ「基礎医学」の講義を、3年次から4年次にかけて疾患や病態について具体的に学ぶ「臨床医学」の講義を受けることになります。

また臨床医学を学ぶ3~4年次の医学部生は、大学によって時期はまちまちですが、約半年間かけて人体を解剖し、その仕組みを目と手で学ぶ解剖実習を行います。

その間にも、研究室に配属されゼミを受けたり、実習や実験があったりと、基本的には一日中大学でみっちりと学ぶことになります。

また、医学部では数ヶ月、もしくは数週間に1回といった頻度でさまざまな科目の試験が頻繁にあり、医学部生は試験期間とはまた別にその勉強に追われることになります。

そして4年間の総まとめである共用試験に合格したあと、5年次から始まる病院実習へ進むことになります。

平成16年から必修化した臨床研修

かつては、医師の臨床研修に関しては「医師免許取得後も2年以上の臨床研修を行うように努めるものとする」とされており、研修はあくまでも努力規定でした。

しかし、平成16年の改定によって「診療に従事しようとする医師は、2年以上の臨床研修を受けなければならない」とされ、必修化されました。

臨床研修を受けなければ、医師として診療に従事することができなくなったのです。

医師を志す人にとっては、研修が必修化したことで、医学をよりじっくり学ぶ機会が増えたことになります。

必修化によって、地域医療との接点が増えたり、専門の診療科に偏らずに幅広い科での研修を行ったりもできるようになりました。

ただし、この臨床研修は、あくまでも臨床に従事する人の場合に必要になる研修です。

大学などの研究機関で研究者としての道を歩む医師や、法医学、産業医などの場合は、臨床研修を受けなくても業務に差し支えはありません。

臨床研修のプログラム

医師の臨床研修のプログラムや実際の内容は、受け入れ先の病院によって異なります。

規模の大きい総合病院では各診療科を1~2ヵ月ごとに回ることもありますし、専門分野に特化した病院では、特定の診療科で時間をかけて知識やスキルを磨くこともあります。

どの病院の研修プログラムに参加するかは、個人の希望によって自由に選ぶことができます。

一昔前は出身大学の附属病院にそのまま研修にいくことが一般的でしたが、最近ではインターネット上でプログラムの内容を公開する病院も増えており、より選択の幅が広がっています。

なお、以前は研修医が診療のアルバイトをすることが一般的になっていましたが、近年はこういったアルバイトは基本的に禁止されており、研修プログラムに専念することが求められています。