一般事務になるためにおすすめの資格は?

一般事務におすすめの資格は?一般事務の資格の種類は?

一般事務になるために、法的に必要とされる資格や免許はありません。

実際の一般事務の求人を見ても、「スキル不要」「未経験者歓迎」と書かれているものは、よく見られます。

特別な知識やスキル、そして資格を有していない人でも、一般事務を目指すことは可能といえるでしょう。

しかしながら、一般事務の業務を進めるために取得しておくと役に立つ資格がいくつかあります。

いずれの資格も、基本的に高校生でもある程度の勉強をすれば取得可能なレベルものもです。

高卒で一般事務を目指そうとしている人は、高校在学中に可能な限り取得しておくとよいでしょう。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

「MOS」は、マイクロソフト社のオフィスソフト(ワード、エクセルなど)の操作スキルを認定する民間資格です。

一般事務の仕事では、必ずと言ってよいほどパソコンや文書作成ソフト等を使用します。

この資格を有しておけば、オフィスソフトが使えることをわかりやすく証明できるでしょう。

資格の特徴:「ワード」「エクセル」「パワーポイント」などのスキルを認定する資格
資格取得の意義:一般事務において必要になるオフィスソフトの操作スキルを証明できる
資格内容:ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・アウトルック
資格種類:民間資格
受験資格:なし
難易度:試験レベルにより異なる
費用:約10,000円~13,000円

マイクロソフト MOS試験

簿記(日商簿記検定)

簿記(日商簿記検定)は、一般的に「お金に関わる仕事」において必要になる資格です。

所属部門や会社の規模によっては、一般事務が「経理」に近い仕事を任せられることもあるため、この資格が役に立ちます。

簿記の資格を取得しておくことで、就職・転職時に優遇される可能性もあります。

資格の特徴:原価計算・商業簿記・会計学などの知識・実務能力を認定する資格
資格取得の意義:経理関係の仕事に携わることができる
資格内容:1級・2級・3級・簿記初級・原価計算初級
資格種類:公的資格
受験資格:なし
難易度:2級の合格率は20%前後、1級は10%前後
費用:約3,000円~8,000円

日本商工会議所 日商簿記

秘書検定

秘書検定」では、社会人として働くうえで身につけておかなければならない一般常識やマナーの知識に関する問題が出題されます。

一般事務は基本的に秘書業務を兼務しませんが、社内だけでなく社外の人とも関わる機会の多い仕事柄、一般常識を身につけておくことは有用です。

3級では基本的な職場常識を、級が上がるにつれてより複雑な場面設定への対応力が問われます。

資格の特徴:社会人として必要な職場常識を身につける資格
資格取得の意義:一般事務として働くうえで必要なマナー・常識を身につけていることをアピールできる
資格内容:1級・準1級・2級・3級
資格種類:公的資格
受験資格:特に無し
難易度:2級・3級の合格率は約50%、1級は約20%
費用:約3,000円~9,000円

公益財団法人 実務技能検定協会 秘書検定