一般事務になるためにおすすめの資格は?

一般事務におすすめの資格は?一般事務の資格の種類は?

一般事務の仕事は、国家資格などの一定の資格を有していることを就労の条件としていません。

一般事務は多くの求人においても「スキル不要」「未経験者歓迎」のように、知識やスキル、資格を有していない人でも応募することができるようになっています。

しかしながら、一般事務を目指すのであれば取得しておくと役に立つ資格がいくつかあります。

就職するにあたって必須ではありませんが、一般事務としての採用に有利に働いたり、就職後の仕事をスムーズに進めるための心強い味方となるでしょう。

詳しくは後述しますが、基本的に高校生でも取得可能なレベルの資格ばかりなので、高卒で一般事務を目指そうとしている人は高校在学中に可能な限り取得しておくことをおすすめします。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

「MOS」は、マイクロソフト社のオフィスソフト(ワード、エクセルなど)の操作スキルを認定する民間資格です。

一般事務の仕事では必ずと言ってよいほどパソコンや文書作成ソフト等を使用するため、この資格を有していることは「自分はオフィスソフトをこれだけ扱うことができる」ということを簡単に証明できます。

資格の特徴:「ワード」「エクセル」「パワーポイント」などのスキルを認定する資格
資格取得の意義:一般事務において必ず必要になるオフィスソフトの操作スキルを証明できる
資格内容:ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・アウトルック
資格種類:民間資格
受験資格:特になし
難易度:試験レベルにより異なる
費用:約10,000円~13,000円

マイクロソフト MOS試験

簿記(日商簿記検定)

簿記(日商簿記検定)は、一般的に「お金に関わる仕事」において必要になる資格です。

一般事務の仕事は直接的に会社のお金に関わることはありませんが、所属部門や会社の規模によっては経理部門に近い仕事を任せられることもあり、この資格が役に立ちます。

一般事務として簿記の資格を活かしたいのであれば、日商2級の資格を取得しておくと、何かと役に立つでしょう。

資格の特徴:原価計算・商業簿記・会計学などの知識・実務能力を認定する資格
資格取得の意義:経理関係の仕事に携わることができる
資格内容:1級・2級・3級・簿記初級・原価計算初級
資格種類:公的資格
受験資格:特に無し
難易度:2級の合格率は20%前後、1級は10%前後
費用:約3,000円~8,000円

日本商工会議所 日商簿記

秘書検定

「秘書検定」とは、社会人として働くうえで身につけておかなければならない常識やマナーといった知識を、秘書技能という名称に集約して検定問題として出題する資格試験です。

一般事務は基本的に秘書業務を兼務しませんが、社内だけでなく社外の人とも関わる機会の多い仕事柄、一般常識の身についていない人では務まりません。

3級では基本的な職場常識を、級が上がるにつれてより複雑な場面設定への対応力が問われます。

資格の特徴:社会人として必要な職場常識を身につける資格
資格取得の意義:一般事務として働くうえで必要なマナー・常識を身につけていることをアピールできる
資格内容:1級・準1級・2級・3級
資格種類:公的資格
受験資格:特に無し
難易度:2級・3級の合格率は約50%、1級は約20%
費用:約3,000円~9,000円

公益財団法人 実務技能検定協会 秘書検定