税理士のやりがい、魅力

たくさんの人を助けられる仕事

税理士のやりがいのひとつは、仕事を通してさまざまな人たちの手助けができることです。

日本にはさまざまな種類の税金があります。

消費税のような身近な税であれば、一般の人でもさほど難なく計算できますが、不動産取得税や相続税、所得税のような税金については、知識がない一般人にはなかなか計算できません。

こうした複雑な計算を助けるのが税理士の仕事であり、個人から企業までさまざまな人たちから必要とされる存在です。

ときには「もっとこうすれば節税できますよ」というアドバイスをすることもできますし、正しい確定申告によって、依頼者へ払い過ぎた税金を戻してあげることもできます。

税理士は、人々の経済活動を支える大切なパートナーです。

そして「サポートしてくれてありがとう」「あなたに相談して良かった!」という依頼者からの言葉が、税理士の日々の力になっていきます。

納税制度を支える存在に

もうひとつ、税理士の大きなやりがいは、税金を通して国の発展を支えられるということです。

私たちの身の回りにある道路も図書館も公園も学校施設も、その多くは税金によって作られています。

医療費や介護の補助金も税金から出ています。

また、警察や消防の仕事、ごみの回収作業も税金を使って行われています。

いまや税金というのは、社会におけるさまざまな制度を支えるために欠かせないものなのです。

税理士の指導で納税者が確実に税金を納めれば、それは国の発展を支えることにつながっていきます。

税金のプロフェッショナルである税理士の仕事は決して華やかなものとはいえませんが、社会に確実に必要とされている仕事であり、めぐりめぐった税金がどこかで誰かを支えることになります。