税理士は結婚・子育てしながら続けられる?

再就職しやすい環境

税理士は、結婚をして家庭を持っていたリ、子育て中の女性にとっても続けやすい職業のひとつだといわれています。

その理由のひとつが、税理士の専門性の高さです。

税理士は、資格を持っている人にしかできない「独占業務」がありますし、税務書類の作成や税務署への申告作業をスムーズに行うためには、何よりも経験がモノをいいます。

そのため、現場でしっかりと経験を積んでおけば、結婚や育児で一度は現場を退いても、また復帰しやすい仕事です。

年齢はさほど問われない

一般的な事務仕事であれば、年齢が若いほうが採用されやすいというケースも多く、子育てがひと段落した40代くらいの女性が再就職をしようとすると、不利になることもあるようです。

一方、税理士の場合は専門職であるため、年齢が高くても経験や知識があれば採用されることは多々あります。

年齢を重ねても仕事がしたい女性にとっては、こうした面は魅力的にうつるでしょう。

多様な働き方ができる

結婚生活や育児を優先するために、フルタイムでの税理士としての勤務が難しいと考えた場合には、短時間労働のパートタイムで働いたり、期間限定のアルバイトで働いたりすることも可能です。

税金を扱う税理士の仕事においては、確定申告の時期やクライアントの決算期が繁忙期となります。

このような時期には、税理士事務所でも税理士の資格を持つ人や税理士事務所で働いたことがある人をパートタイムやアルバイトで募集することが多くあります。

また、独立して自分の事務所を開くことも可能です。

税理士のクライアントは中小企業や個人であることが多いため、大都市だけではなく、地方都市に行っても比較的仕事を見つけやすくなっています。

このことを利用して、自分の故郷に戻って事務所を設立することで、家族や友人のサポートを得ながら家庭と仕事を両立させることもできます。

税理士は多様な働き方ができるため、結婚や子育てをする女性の人生の選択肢を増やしてくれます。