このサイトはウエディングプランナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ウエディングプランナー」

仕事内容
ウエディングプランナーは、結婚式を予定しているお客さまのアドバイザーとなり、結婚式が終わるまでのサポートをする仕事です。事前の打ち合わせでは、料理や衣装、ヘアメイク、演出などについて具体的に決めていき、式の当日は会場のチェックや関係者との打ち合わせ、進行状況のチェックなどを念入りに行います。お客さまの要望に応えながら、そこにプロとしてのアドバイスを加え、思い出に残る式になるようプロデュースします。
なるには
ウエディングプランナーになるのに、特別な資格や学歴は必要ありません。活躍の場はホテルやブライダル関連の会社となりますが、特にブライダル関連の学校を出ていなくても、就職することは可能です。しかし、ウエディングプランナーは最近人気が高まっている職業であるため、競争が厳しくなっていることも事実です。民間の資格として「ブライダルプランナー検定」があり、これを取得していると有利になることも多いようです。
給料
ウエディングプランナーの平均年収は250万円〜400万円程度で、他の企業に勤める場合とそう大差はないようです。経験や勤続年数によって昇給も望めるでしょう。しかし、仕事柄長時間労働になりがちで、業務の大変さから考えると収入は多いと言えないという声も挙がっています。実力がつくとフリーランスになる人もいますが、決して甘くはない業界です。志望者も増えている仕事のため、まずは地道に経験を積むことが必要と言えるでしょう。
将来性
人々の価値観や結婚式のスタイルが多様化し、昔のようにホテルで大規模な式を挙げる人が減ってきている現代。不景気も相まって、予算を抑えて身内だけで式を挙げたいと希望する人が増えたことにより、ウエディングプランナーの手腕がますます試されるようになっています。しかし、ただ受け身でいるだけでは新規顧客が獲得できません。営業力や提案力、そして、人を喜ばせられる力を持ったウエディングプランナーが求められています。

仕事体験談