「ウエディングプランナー」とは

ウエディングプランナー_画像

新郎・新婦の好みや要望を取り入れながら、人生の思い出に残る結婚式をプロデュースする。

ウエディングプランナーとは、結婚式場などで結婚式をプロデュースする仕事です。

結婚式場を訪れるカップルに提案・営業をし、式を挙げてもらうことが決まったらカップルと打ち合わせを繰り返します。

式当日は、何か問題がないかを常にチェックしながら、式に立会います。

ホテル、結婚式場、ウエディングプロデュース会社などに就職することが、ウエディングプランナーへの第一歩ですが、経験が必要となるため、ホテルなどではすぐに仕事に就けるとは限りません。

常にクライアントからの要望や問い合わせに対応しなければならないため、勤務時間は長くなりがちで、休みは平日となります。

クライアントへの気配りが求められる一方で、提案・営業能力も必要とされます。

「ウエディングプランナー」の仕事紹介

ウエディングプランナーの仕事内容

カップルとともに結婚式をつくる

ウエディングプランナーは、結婚式をプロデュースする仕事です。

「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」などと呼ばれることもあります。

結婚式には、予算や日取り、衣装や招待状の手配、当日の式次第や演出など、さまざまな準備が必要です。

ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていきます。

式場の見学に訪れるカップルにヒアリングを行い、ここでどのような式を挙げることができるのか提案・営業したり、結婚式当日に無事に式が行われるようスタッフに指示をし、チェックしたりするのも仕事です。

ウエディングプランナーの就職先・活躍の場

フリーランスで活躍する人も

ウエディングプランナーの主な勤務先は、ホテル、結婚式場、レストラン、ウエディングプロデュース会社です。

どの場所で働いていても、それほど仕事内容に違いはありません。

また、経験を積んだのちは企業等に所属せず、フリーランスの形でクライアントからの依頼に応じてさまざまな現場をこなす人も少なくありません。

カップルの心を掴むことができる発想力などで勝負できるのであれば、独立して自分のやりたい仕事を追求するというのもひとつの道なのです。

ウエディングプランナーの1日

担当するカップルや式で異なる

ウエディングプランナーは、式の準備やカップルとの打ち合わせなど多くの仕事をこなしています。

担当するカップルの都合の合う時間や、式の開始時間に合わせて働くため、どうしても不規則になりがちです。

9:00 出社
掃除や朝礼を行います。

10:00 お客さま対応
結婚式を控えるお客さまからの質問メールや電話に応対したり、問い合わせのあったお客さまに対して会社の資料送付やご案内をしたりします。

13:30 昼休憩

14:30 デスクワーク
式進行表の作成、司会者の選定や引き出物の手配など事務作業を行います。

17:30 打ち合わせ
仕事帰りのお客さまと式当日に向けた打ち合わせを進めます。

18:00
翌日に結婚式がある場合は、最終打ち合わせや備品のチェックを行います。

20:00 退社

ウエディングプランナーになるには

ブライダル関係の企業に就職する

ウエディングプランナーになるには、結婚式をする式場や結婚式をプロデュースするなど、ブライダルに関わる企業に就職する必要があります。

ただし、ウエディングプランナーを目指す人が増えている現代は、就職も狭き門となっています。

大学や専門学校、民間のスクールでブライダルの専門知識を勉強してきている人のほうが、就職に有利に働くこともあります。

また、いきなりウエディングプランナーになれるわけではなく、はじめは先輩について結婚式について勉強したり、現場のスタッフとして手伝ったりして知識や経験を積むことが必要とされます。

ウエディングプランナーの学校・学費

ブライダルの知識を学べる学校へ

大学によっては、ブライダルの基礎を学ぶことができる学科も用意されています。

大学の場合は、ブライダルの知識のみならず、一般教養まで広く学ぶことができます。

ブライダル系の専門学校は、ブライダル業界で働くことを前提としたカリキュラムとなるため、より実践に即した勉強ができ、卒業後はホテルやブライダル会社へ就職し、プランナーを目指すといった流れが一般的になっています。

ウエディングプランナー養成スクールの場合は、すでに社会人として働く方を対象にしているケースが多く、転職を目指す方におすすめです。

ウエディングプランナーの資格・試験の難易度

さまざまな資格が存在する

ウエディングプランナーには「ブライダルプランナー検定1級、2級」「アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定」などいくつかの資格があります。

この職業に就くために取得が必須というわけではありませんが、それらを取得しておくと仕事で活用できるばかりでなく、ウエディングプランナーの採用試験を受ける場合にも有利になることがあります。

また、「TOEIC」や「英検」などの語学の資格、「フラワーデザイナー」などの花に関する資格、色彩に関するセンスを磨くための「色彩検定」なども役に立つでしょう。

ウエディングプランナーの給料・年収

経験を積むと給料アップ

ウエディングプランナーの平均年収は250万円から450万円となります。

未経験であれば初任給は月18万円程度、長年経験された人であれば、月35万円程度が平均収入となります。

経験の差により給与には幅があり、長年この仕事に従事すればするほど、収入もアップする傾向にあります。

大きな式をいくつも成功させ、有名人の式などもプランニングできる実力がある人は、フリーに転身する場合もあります。

フリーで活動することができれば、年収は600万円を超えることも可能です。

ウエディングプランナーのやりがい、楽しさ

世界に一つだけの結婚式

ウエディングプランナーがプロデュースする結婚式に、二度と同じものはありません。

100組のカップルがいたら、100通りの結婚式になるのです。

変化が多い毎日はとても刺激的で、飽きることなく仕事を続けていくことができます。

また、お客さまにとっての結婚式は、人生の中でも大きなイベントです。

自分が関わった結婚式が形となり、カップルが幸せそうにしているのを見るのは何よりのやりがいです。

ときは結婚式が終わってからもカップルと交流を持つこともあり、人とのつながりを感じる仕事でもあります。

ウエディングプランナーのつらいこと、大変なこと

失敗の許されない仕事

ウエディングプランナーの大変なところは、失敗の許されない仕事だということです。

自分たちにとってはいくつも手掛けたうちの1つかもしれませんが、カップルにとっては一生に一度の大切な式です。

ときには予期せぬトラブルやハプニングが起こることもありますが、そこをどう対処するかがウエディングプランナーとしての腕の見せどころです。

式が終わるまで苦労が絶えませんが、挙式が成功したときには何とも言えない達成感や充実感に満たされるのです。

ウエディングプランナーに向いている人・適性

人を喜ばせたいという心

ウエディングプランナーの仕事は、結婚式というカップルにとって最大のイベントを演出する仕事です。

この二人がどれだけ満足してくれるか、そのことを常に考えて式をプランニングしていく必要があります。

また、結婚式はカップルのみならず、その場に参加する人全員が幸せな気持ちになれるイベントでもあります。

そのため、普段から人を喜ばせることが好きな人や、学園祭などのイベントでみんなを盛り上げることが好きな人は適性があるといえるでしょう。

ウエディングプランナー志望動機・目指すきっかけ

漠然としたイメージをリアルに

ウエディングプランナーは、若い女性の間で人気の高い職業のひとつです。

採用試験には多くの希望者が応募してくるので、ブライダル系の会社に採用されるためには、志望動機がキーポイントとなります。

ウエディングプランナーを目指す人の中には「友人や親族のウエディングに出席した経験がある」「式場でアルバイトをした経験がある」など漠然なイメージしか持っていない人が大半です。

これでは志望動機があいまいになってしまいがちなので、仕事の厳しさや自分の適性などしっかりと分析して志望動機を話せるようにしてください。

ウエディングプランナーの雇用形態・働き方

アルバイトや派遣社員も

アルバイトの場合、正社員のウエディングプランナーの補助的な役割の仕事が主になります。

ウエディングプランナーは経験が重視される仕事であるため、未経験者がいきなり正社員になるのは難しいため、業界に入って経験を積みながらキャリアアップをめざす人もいます。

また、ウエディングプランナーの中には派遣社員として働く人も大勢います。

ウエディング専門の派遣会社に登録し、決まった式場と派遣契約を結ぶ場合もありますし、単発で案件ごとに違う式場へ派遣される場合もあります。

ウエディングプランナーの勤務時間・休日・生活

担当カップルや式の時間に合わせて

企業に勤める場合、1日の勤務時間は7時間半程度ですが、新郎新婦からの細かな問い合わせも多く、その都度対応をする必要があるため、必然的に残業が多くなります。

また、自分が担当するお客さまの結婚式当日は、早朝から現場に入りスタンバイしたり、夜遅くまで対応したりすることもあります。

土日や休日は式本番になるため、平日を含めたシフト制の勤務体制となります。

閑散期でなければ、土日や祝日に休みを取ることは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

ウエディングプランナーの求人・就職状況・需要

さまざまな企業がブライダルに参入

時代の流れとともに、日本における結婚式のスタイルはどんどん多様化してきています。

国内にはホテルや結婚式場などがありますが、それだけではなく、近年はレストランが行うウエディングパーティーも人気を集め、旅行会社がリゾート地での旅行を兼ねた結婚式をプロデュースする「リゾート婚」も注目を集めるようになってきました。

このように、さまざまな企業がウエディング事業を行い、ウエディングプランナーを募集しているため、ウエディングプランナーになれる可能性は十分にあります。

ウエディングプランナーの転職状況・未経験採用

即戦力になれる人が優遇されやすい

ウエディングプランナーは比較的安定した需要を保っています。

また、この仕事は多くの女性が活躍しているため、結婚や出産で退職する人も決して少なくなく、その空いた穴を埋めるために求人募集をかけているような企業もあります。

ただし、近年はウエディングプランナーの人気の高まりや、企業のコスト削減の考えから、即戦力になれる人材を優先して採用したいという動きが高まっているようです。

まったくの未経験の場合はまずアルバイトとして入社し、会社の研修を受け、現場で働きながらキャリアを築いていくという道も考えた方がよいでしょう。

ウエディングプランナーの現状と将来性・今後の見通し

アイデアや創意工夫ができるように

地域差もありますが、近年では低予算で結婚式を挙げるカップルが急増しています。

お金をかけない結婚式が増えている反面、さまざまなメディアでウエディングプランナーが脚光を浴びた影響か、「低予算であっても素晴らしい演出をしたい」というニーズは高まっています。

少ない予算内で最高の一日を作り上げなくはならないのですから、以前よりもウエディングプランナーのプランニング力が試されることとなります。

今後はよりウエディングプランナー独自のアイデアや創意工夫が求められるようになってくるでしょう。