海外ウエディングプランナーの仕事内容・なるために留学は必要?

海外ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーの活躍の場は国内だけではありません。

近年は海外で結婚式を挙げるカップルが増加しているため、海外諸国での挙式をプランニングできる海外ウエディングプランナーが求められています。

海外ウエディングプランナーの働き方として、日系のウエディング企業に就職する場合と、フリーランスで働く場合の2種類があります。

日系のウエディング企業に就職する場合

現地の日系企業のウエディング会社に所属する場合、現地で働くウエディングプランナーは、日本とやりとりをして結婚式の準備や手配をし、当日のアテンドなどの業務をします。

カップルはすでに日本で挙式会場など事前に決められたプランを予約しているため、現地では主に前日から当日にかけての仕事がメインとなります。

長い時間をかけてつくりあげる通常の結婚式とは違い、海外の結婚式ではカップルもウエディングプランナーも初対面となるため、高いコミュニケーション力が求められます。

海外でフリーランスで働く場合

一方、欧米のブライダルは日本のシステムとはまったく異なり、結婚式場やホテル内に婚礼部門はありません。

カップルが直接ウエディングプランナー(ウエディングコンサルタントやコーディネーターと呼ばれる)を雇い、希望の挙式会場を探し、ウエディングに必要なものをひとつひとつ準備していきます。

そのため現地でフリーランスとして働く場合は、経験とスキルが重要です。

現地カップルのウエディングは、二人だけのオリジナルにこだわる人が多く、他人と同じことはしたくないという人が多いため、そのカップルごとのオリジナルウエディングを作り上げていく力が求められます。

海外ウエディングプランナーになるには

日本で知識を身に付け海外でさらに深める

海外でウエディングプランナーとして働くには、あらかじめ日本でブライダル養成スクールなどに通っておくとよいでしょう。

そこで海外ウエディングについての知識をつけ、現地の海外ウエディングプランナー養成スクールで学ぶ、という道が一番の近道となります。

具体的に海外でウエディングプランナーとして就職するためには、

・国内で海外ウエディングを取り扱っている会社に入社し、海外支店勤務となる。
・現地の日系ウエディング会社に就職する。
・現地の大学や専門学校を卒業する際のインターンシップ制度を利用し、ウエディング会社に雇ってもらい、そのまま会社にワーキングビザを取ってもらう。

などの方法があります。

海外で働くにはビザが必要

海外でウエディングプランナーとして働く場合はビザが必要で、その国で就労可能なことを示す「就労ビザ」、その国に永住できる「永住ビザ」、またはワーキングホリデー制度を利用し「ワーキングホリデービザ」を使って勤務することも可能です。

ワーキングホリデービザは1年という制限つきであり、年齢制限があるため注意が必要ですが、短期間でも海外のウエディング業界を体験したいという場合にはよいかもしれません。

海外ウエディングプランナーになるために留学は必要?

海外留学のメリット

海外ウエディングプランナーを目指す人にとっては、世界各地でどのような結婚式が行われているかを現地で知ることも大変貴重な勉強になるでしょう。

近年では日本人同士のカップルであっても、日本の伝統的な結婚式とは違うスタイルを求める人が増え、ウエディングプランナーとしても海外の結婚式の風習や演出を積極的に取り入れようとする傾向が増えています。

このような海外の結婚式の文化を学ぶために、海外留学をするウエディングプランナーもいます。

多くの場合は専門学校や大学で短期留学をした際に現地の企業や式場にかけあい、結婚式やコーディネーターの仕事を見学させてもらっているようです。

留学に行くことは、海外の結婚式について学べるだけではなく、語学力を磨くことにもつながります。

語学力は仕事の幅を広げる

海外でウエディングプランナーとして働くためには、自分が働く現地の言葉は確実に習得していなければなりません。

もちろん、外国の方でも「日本の伝統的なウエディングをしたい」というカップルもいるため、日本のウエディングのことを表現できる語学力をつけておくと営業やプレゼンで役に立つでしょう。

欧米諸国のみならず、いまアジアでは日本流のウエディングが人気です。

語学力を生かして、現地で活躍している日本人ウエディングプランナーも多くいます。

留学は必ずしも必須ではありませんが、海外ウエディングに力を入れている企業では、語学力の高いプランナーを採用したいと考えている企業も多いです。

海外で活躍したい人は外国語スクールに通ったり、Skypeで現地の先生によるレッスンを受けたり、留学したりするなどして語学力を磨いてから就職試験に臨むとよいでしょう。