このサイトはツアーコンダクターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ツアーコンダクター」

仕事内容
ツアーコンダクターは、パック旅行や団体旅行などのツアーに同行し、そのまとめ役となる仕事です。お客さまたちが安全で快適なツアーができるよう、観光スポットの案内やチケット手配、トラブル時の対応など、さまざまなサポートを行っています。ツアー中はあらゆることに対応しなければならないため、気を抜くことができません。ぬかりない事前準備をし、当日もお客さまを解散場所に無事送り届けるまで集中して業務に臨みます。
なるには
多くのツアーコンダクターは旅行会社に勤務するか、ツアーコンダクター専門の派遣会社に勤めています。大手を除けば学歴はあまり問われないことも多いですが、観光系の専門学校を出ている人が強いと言われています。また、ツアーコンダクターとして働くには「国内旅程管理主任者」や「総合旅程管理主任者」という資格が必要となります。これは就職後に取得するのが一般的なため、まずは就職を目指すのが先となります。
給料
ツアーコンダクターの平均年収は300万円~400万円程度が相場となっています。長時間労働になりがちで体力も要する仕事ですが、旅行業界の競争が激化する中、経費削減の流れで給与水準も下がっているようです。ツアー中は常にお客さまのことを気遣っていなければならず、精神的に苦労することも多いため、人と接することや観光業が本当に好きでないと務まらないでしょう。月給のほか、ツアーの内容によって日当で給料が支払われるケースもあります。
将来性
旅行の需要はどの時代も一定してありますが、ツアーコンダクターは現在、全体的に待遇が恵まれているとは言い難い仕事であるため、他の仕事に転職してしまう人も少なくないようです。しかし、熟年層を中心に海外ツアーの人気は高まり、海外へ同行できる人材が必要とされるケースが増えています。英語はもちろん、他の外国語も話せるなどスキルがあれば大きく評価され、より良い環境や待遇の下で働ける可能性もあるでしょう。