独立してフリーランスのウエディングプランナーになるには?

フリーランスになるまでのキャリアパス

ウエディングプランナーとして独立するためには、まず式場やホテルなどで経験を積むことが大切です。

フリーランスの場合は、自分で仕事を見つけなくてはならないため、式場やホテル、ブライダル業界で人脈を作っておくことが重要なポイントとなります。

経験がものをいう世界でもあるので、大手式場やホテルなどで実践を積んだという職歴があれば、よりお客さまにも信頼感を与えることができます。

商売をする上での法的な届け出としては、個人事業の開業届を出し、会社を設立するための登記申請をするなど、一般的な自営業と違いはありません。

フリーランスのウエディングプランナーの働き方・仕事内容

営業活動が重要

フリーランスになったとしても、ウエディングプランナーとしての仕事は、それほど違いはありません。

一番の大きな違いは、仕事を自分で獲得しなければならないところです。

基本的には、企業勤めの場合カップルの方から結婚式を依頼しに来ます。

フリーランスの場合は、カップルから直接依頼がくるか、式場からの委託依頼がくるかのどちらかです。

ウエディングプランナーとして信頼されていなければ仕事を獲得できないため、地道な営業活動と人脈作りが大切です。

最近ではフリーランスのウエディングプランナーの仲介を行うサイトを利用し仕事のチャンスを掴む人も増えています。

資格を生かして働く

ウエディングプランナーとして働く上で必要な資格や免許はありませんが、フリーランスの場合はさまざまな資格を取得しておくことが信頼につながります。

ブライダル関連の資格や、「フラワーデザイナー」や「色彩検定」のようなセンスを証明する資格を取得しておくと、第三者に対しても基礎知識があることをアピールしやすいので便利でしょう。

これ以外にも、語学の資格があると外国の方や海外での挙式を希望するカップルの式のプロデュースにつながることがあります。

フリーランスとして活躍するのであれば、得意分野はひとつでも多いほうが仕事につながりやすいので、さまざまな資格試験にチャレンジして実力をアピールするとよいでしょう。

フリーランスのウエディングプランナーのメリット・デメリット

フリーランスのウエディングプランナーのメリット

ウエディングプランナーがフリーランスとして働くメリットとして「自分の個性を生かした式をプランニングできる」ことがあげられます。

式場やホテルに勤める場合、結婚式をするのは自社の式場・もしくは提携した式場に限られ、プランや演出にも規定や制限があります。

フリーランスの場合は、式場も自由、演出も自由です。

なかにはいくつもの会場を渡り歩いたり飲食店やホールを貸し切ったりして式を行う人も少なくなく、既存の枠にしばられない自由なアイデアで結婚式を作り上げることができます。

ウエディングプランナーのフリーランスのデメリット

ブライダル業界は景気によって左右されやすい業界です。

ウエディングプランナーに限らず、フリーランスとして働く場合、仕事が得られなければ収入はゼロになってしまうリスクをかけています。

そのため、企業勤めのウエディングプランナーに比べ営業活動に力を入れなくてはなりません。

また、フリーランスの場合は、打ち合わせや事前準備・手配、当日のアテンドなどすべて一人でこなさなくてはならないため、企業勤めのときよりも激務になってしまったという人も少なくありません。

フリーランスのウエディングプランナーの給料・年収

カップルから直接依頼を受ける場合は、プランニング料として自分自身が設定した金額で取引することになります。

しかし、こうした直接依頼は少なく、ほとんどは式場からの委託での仕事で報酬も式場から支払われます。

フリーランスで活動する人の場合、仕事の量に収入が左右されるため、不安定な生活にもなりがちですが、実力があり著名になれば大規模な結婚式を任せられることもあり、平均的なウエディングプランナーの年収以上の収入を得られる可能性は十分あります。