ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーは人生で一度しかない結婚式のアドバイザーとして活躍しています。

また、長期に渡って、結婚式当日までカップルと打ち合わせする必要があり、ウエディングプランナーは何組ものカップルと同時進行で進めています。

結婚式に対する想いはカップルごとにそれぞれ違うので、それに合った提案をしていかなければいけません。

そのためウエディングプランナーは日々、知識を高めています。

この記事では、ウエディングプランナーの仕事内容について解説します。

ウエディングプランナーの仕事とは

ウエディングプランナーは、結婚式のプランニングをし、結婚式を挙げるカップルのアドバイザー的な役割をする仕事です。

結婚式をしたり披露宴を開いたりする際は、予算や日取り・衣装・招待状の手配など、決めるべきことがたくさんありカップルだけですべてを行うのは大変です。

ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望をヒアリングしながら、それぞれのカップルに対して最善の案を提案し素晴らしい結婚式になるよう、さまざまな面からアドバイスやサポートをしていきます。

それぞれのカップルに合った結婚式を提案するために、ブライダルに関する専門知識だけでなく、カップルから希望を聞き出すカウンセリング能力や、希望に沿ったアイデアを出す企画力が必要とされる仕事です。

ウエディングプランナーの業務の内容、仕事の流れ

提案・営業
まずは、結婚式場の見学に訪れたカップルに対し、会場の特徴を案内しながらヒアリングを行います。

自分の担当する式場や会場で結婚式を挙げるメリットや、人気のスタイルなどを提案・営業します。

自社で式を挙げてもらえるように魅力的なプランを提案しながら、「予算や人数はどれくらいか?」「どんな式にしたいのか?」などを丁寧にヒアリングします。

各社はお客さまを獲得するために提案・営業にも力を入れているので、こうした業務はウエディングプランナーの腕の見せどころでもあります。

事前準備
式場が決まったら、さっそく事前準備が始まります。

まずは結婚式当日から逆算し、準備の計画をたてて打ち合わせの日取りを決めます。

打ち合わせでは、カップルの要望をヒアリングし、日程・予算・どんな式にするか(式次第・料理・ドレス・BGM・式場のレイアウトなど)を詳細に検討していきます。

式当日の計画が決まったら、司会者や照明・音響担当を手配し、各スタッフに正確に指示していきます。

一般的には数ヵ月前から準備が始まり、式当日まで何度も打ち合わせを行うため、カップルの要望にも変化が出てきた場合も柔軟に対応します。

また、場合によってはドレスやヘアメイクの相談に乗ったり、「前撮り」という形で事前の写真撮影に立ち会ったりすることもあります。

打ち合わせ以外のときでも、メールや電話などで細かな要望や質問には随時対応し、引き出物や装花の手配、ドレスや着物など衣装の準備、親族の宿泊手配などさまざまな仕事を行います。

結婚式当日
ウエディングプランナーにとって一番の大仕事は結婚式当日です。

引き出物や装花など手配したものを確認し、時間どおりに式が進められるよう会場全体に気を配り、各スタッフを動かしていきます。

事前の計画どおりに式場がレイアウトされているか? 司会者は進行内容をきちんと把握しているか? BGMはきちんと流れるか? などを一つひとつチェックしていきます。

式の本番では、予期せぬトラブルにも対応できるように、会場の脇で進行をチェックします。

長い準備期間を経て、無事に結婚式・披露宴が終わったときが、ウエディングプランナーのとして最大のやりがいを感じる瞬間です。

式が無事終わった後は、後片付けの段取りをスタッフに指示し、精算などの事務作業を終え、カップルをお見送りします。

ウエディングプランナーの役割

ウエディングプランナーの役割は「結婚式づくりのプロとしてカップルのサポートをする」というところにあります。

ウエディングプランナーは、たとえホテルで働いていたとしても、他の宴会や宿泊業務には基本的には携わらず、結婚式に関する業務のみを行います。

この理由として、結婚式というイベントが企業側・お客側の双方にとって価値が非常に大きいことがあげられます。

カップルにとって結婚式は一生に一度の大切なイベントですし、企業にとっても一回の結婚式には何百万円という大きな金額が動くことになるので、これをプランニングするウエディングプランナーは非常に重要な仕事なのです。

ウエディングプランナーの勤務先

ウエディングプランナーは仕事柄、結婚式が多く行われる結婚式場やホテルが主な職場となります。

しかし近年、人々の価値観の多様化にともない、活躍の場は広がってきています。

その代表がブライダルプロデュース会社です。

結婚式のプランニングに特化したプロ集団で、ホテルや結婚式場だけでなく、ゲストハウスやレストランなど幅広い場所でオーダーメイドの結婚式やパーティーを運営します。

また、海外での挙式人気の高まりや、あるいは日本に移住した外国人が国内で挙式するケースも増加が見込まれるため、英語を使ったグローバルな活躍も期待できます。

ウエディングプランナーの勤務先と仕事内容の違い

ウエディングプランナーと同じ意味をもつ職業

  • ブライダルプランナー
  • ブライダルコーディネーター
  • ブライダルプロデューサー

ウエディングプランナーは、勤務先によっては、「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」などと呼ばれることもあります。

また、海外で働く場合は

・ウエディングコンサルタント
・ウエディングコーディネーター

と呼ばれるのが一般的です。

どれも名前が異なるだけで基本的な業務内容は同じなので、希望する勤務先によってどんな名前で呼ばれているかを調べておいた方がよいでしょう。

イベントプランナー・イベントコーディネーター

結婚式以外に、イベントを演出する仕事としてイベントプランナーやイベントコーディネーターなどがあります。

近年は、結婚式に限らず特別な日を演出するプランナーとして「アニヴァーサリープランナー」「バースデープランナー」などの民間資格もあり、とくに女性に人気があります。

イベントプランナーの仕事

「ウエディングプランナーの仕事内容」のまとめ

ウエディングプランナーは、予算や日取り・衣装・招待状の手配など結婚式のプランニングをし、結婚式を挙げるカップルのアドバイザー的な役割をする仕事です。

それぞれのカップルに合った結婚式を提案するために、ブライダルに関する専門知識だけでなく、カップルから希望を聞き出すカウンセリング能力や、希望に沿ったアイデアを出す企画力が必要とされます。

ウエディングプランナーは仕事柄、結婚式が多く行われる結婚式場やホテルが主な職場となります。

しかし、人々の価値観の多様化にともない、活躍の場は広がってきており、ブライダルプロデュース会社はその代表で、ゲストハウスやレストランなど幅広い場所でオーダーメイドの結婚式やパーティーを運営したり、海外での挙式や、日本に移住した外国人が国内で挙式するケースなどグローバルな活躍もしています。