ウエディングプランナーへの転職・未経験からなるには?

ブライダルコーディネーターは、特別必要な資格は必要ありません。

比較的、入れ替わりが激しいため求人募集も多い職業です。

しかし、即戦力を求めていることが多く、未経験よりも経験者のほうが優先されやすいです。

この記事では、未経験からウエディングプランナーになるための目指し方を解説します。

ウエディングプランナーへの転職状況は?

少子高齢化が進んでいるとはいえ、結婚式の多様化も進んでいることから、ウエディングプランナーは比較的安定した需要を保っています。

また、女性が多く活躍していることから、結婚や出産などのライフイベントにより退職する人も少なくなく、穴を埋めるために常に求人募集をかけているような企業もあります。

求人数が多いとは言えますが、即戦力になれる人材を優先して採用したいという動きが高まっているため、未経験者はアルバイトとして入社し、会社の研修を受けたり、現場で働いたりしながらキャリアを築いていくことが一般的です。

ウエディングプランナーへの転職の志望動機で多いものは?

ウエディングプランナーへの転職をめざすきっかけ
  • 大きな達成感が味わえ、やりがいがある仕事だと感じる
  • 家族の幸せのスタートに携われる仕事を自分もしてみたいと憧れる
  • 専門性の高い職業であり長く働けることに魅力を感じる

ウエディングプランナーに人気が集まる理由は、「やりがいがある仕事」と思われているためです。

ウエディングプランナーは新郎新婦の特別な一日のために働き、その結果が形となり、最後にはカップルから感謝の言葉を受け取れる、大きな達成感を味わえる仕事です。

さらに家族の幸せのスタートに携われる職業だけに「こんな素敵な仕事を自分もしてみたい」と憧れる人が多いようです。

転職希望者にウエディングプランナーが人気の理由は、一般的な事務職や接客業に比べると専門性が高い職業だからです。

ウエディングプランナーはブライダル業界の専門知識やお客様への細やかな心配り、サービス精神が必要な仕事です。

年齢やキャリアを重ねることがより高い信頼につながるため、長く現場に立って一流のプランナーをめざす人も多くいます。

結婚や出産で退職したとしても、経験者であれば再雇用されやすいという利点もあるので、女性にとってはとくに魅力的な職業といえるでしょう。

ウエディングプランナーの志望動機と自己PR・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーを目指す人が増えている現在、ブライダルの専門学校やスクールに通って、最低限の知識とスキルを身につけておくことも検討すべきでしょう。

専門学校の場合、ホテルやブライダル関連企業とつながりがあり、直接ウエディングプランナーの求人情報が届くケースもあります。

企業によっては未経験からウエディングプランナーになれる可能性もあります。

しかし、知識や経験がまったくない場合、一人前になるまでには時間がかかることを覚悟しておきましょう。

ウエディングプランナーへの転職に必要な資格・有利な資格

ウエディングプランナーは資格が必要ではありませんが、ブライダル関連の検定を取得しておけば、ライバルに差をつけるアピール材料にもなります。

ウエディングプランナーに役立つ資格で、たとえば

・「TOEIC」や「英検」などの語学の資格
・「フラワーデザイナー」などの花に関する資格
・色彩に関するセンスを磨くための「色彩検定」

などが挙げられます。

また、ヘアメイクやネイルについての勉強をしていれば、ウエディングプランナーとして実務を担う際に役立たせれるでしょう。
ウエディングプランナーを目指す人に必要な資格や検定は?

ウエディングプランナーへの転職に役立つ職務経験は?

転職を考える場合、社会人経験があればある程度の一般常識やビジネスマナーは備わっているため、ブライダル業界のマナーの飲み込みは、新卒よりも早いでしょう。

また、接客業や営業職からの転職希望者は、すでにウエディングプランナーの業務に関わることを経験しているため、優遇される場合があります。

接客の仕事であればサービスやマナーなどの基礎がありますし、営業職であればウエディングプランナーの核となる「新規顧客取得のための営業」で力を発揮できます。

また、コミュニケーション能力が高い人や企画力がある人も、十分に活躍できる仕事です。

自分の特技や経歴、人間性を生かし、ぜひウエディングプランナーへの転職を成功させてください。

ウエディングプランナーへの転職面接で気をつけるべきことは?

ウエディングプランナーの面接で気をつけることは、「こんな結婚式をプロデュースしたい」「この式場で結婚式をしたい」など、将来の目標を具体的に設定することです。

とくに志望する企業でなければ実現できないようなものであれば、より差別化を図れます。

ただし、あまりに壮大な夢やあこがれだけでは、業界や職業に対し理解度が低いと思われてしまうので注意が必要です。

ウエディングプランナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

企業にもよりますが、未経験者の場合は35歳、経験者の場合は50歳ぐらいまでが一定の基準のようです。

ウエディングプランナーは年齢を重ねても働ける仕事ですし、年配のウエディングプランナーの方が重宝されることもあります。

企業の考え方や顧客の年齢層によっても変わるので、自分が志望する企業のスタッフの年齢や、どんな年齢層のカップルが多いのかなどをリサーチしておくとよいでしょう。

未経験からウエディングプランナーの転職での志望動機

ウエディングプランナーは華やかな仕事と思われがちですが、実際は不規則な生活を強いられたりハードな毎日を送ったりと体力勝負な一面もあります。

そのため、ウエディングプランナーという仕事内容をしっかりと理解し、そのうえでやる気をアピールすることが求められます。

ただの憧れや夢だけでは志望動機として弱いと思われてしまうため、しっかりと考えておく必要があります。

志望動機の例文

    「ウエディングプランナーを目指す理由は、カップルのハレの日をぜひ一緒につくりたいと思ったからです。

    前職では飲食店で仕事をしていましたが、そこで結婚パーティーが開かれることになり、カップルやその仲間と一緒に打ち合わせや準備をするうちに、自分もこんなカップルに関わって仕事をしたいと思うようになりました。

    レストランウエディングにも力を入れている御社なら、自分の飲食店での経験を生かせると思い志望しました。

    ウエディングプランナーになれたら、さまざまなカップルの要望に応えられる柔軟な発想ができるように努力していきます。」

「ウエディングプランナーへの転職」のまとめ

未経験者がウエディングプランナーになる場合、アルバイトとして入社し、現場で働いたりしながらキャリアを築いていくことが一般的です。

転職動機には、「やりがいがある仕事」、「こんな素敵な仕事を自分もしてみたい」という理由が多いです。

転職にあたっては、ブライダルの専門学校やスクールに通って、最低限の知識とスキルを身につけておくべきであり、ブライダル関連の検定を取得しておけば、ライバルに差をつけるアピール材料にもなります。

また、接客業や営業職からの転職希望者は、すでにウエディングプランナーの業務に関わることを経験しているため、優遇して採用される場合があります。

面接にあたっては、「こんな結婚式をプロデュースしたい」「この式場で結婚式をしたい」など、将来の目標を具体的に設定することが重要です。

就職可能な年齢は、未経験者の場合は35歳、経験者の場合は50歳ぐらいまでが目安となります。

ウェディングプランナーへの転職を考えている方へ

また、ウェディングプランナーへの転職を考えている人は、ウェディング業界の求人が豊富な転職エージェントを利用することをおすすめします。

特にリクルートエージェントは、最大手のエージェントであり、ウェディングプランナーの求人も多数保有しています。

面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることができ、転職を無理に強要されることもないため、まずは気軽に相談から始めてみることをおすすめします。