男性でもウエディングプランナーになれる?

男女比が極端に偏っている現状

ウエディングプランナーは近年、非常に人気のある仕事です。

しかし、その男女比としては女性が圧倒的で、「ウエディングプランナーは女性の仕事」と考える人が多く、ウエディングプランナーという名前を聞いて男性をイメージする人は少ないでしょう。

以前はホテルなどで同様の仕事を男性社員が行っていたようですが、「ウエディングプランナー」という言葉がブライダル業界で確立されていったことから、女性の割合が急増したといわれています。

しかし、職業で性別を問われない現代、男性がウエディングプランナーを目指すこともあるでしょう。

ここでは、男性のウエディングプランナーの就職状況や活躍をご紹介します。

男性プランナーの就職状況は厳しめ

ウエディングプランナーとして就職するにあたって、男性に道が開かれていないわけではありません。

ただし、ウエディングプランナーの女性比率が高い現場や、ウエディングプランナーのイメージから、男性プランナーの就職は厳しいのが現状です。

結婚式はどうしても女性が主導権を握ることが多いため、女性のプランナーの方が話しやすい、相談しやすいという背景もあり、ウエディングプランナーは女性が中心と考える企業が多く、男性プランナーの採用が少なくなっているのが現実です。

しかし、ブライダルの専門知識を持つ男性にニーズがないわけではありません。

まだまだ男性の割合が少ない職業ですが、結婚式のあり方は多様化が続いているため、今後は男性プランナーの活躍の場も増えていくことが期待されます。

男性ウエディングプランナーになるには

人気が高く求人倍率が高いウエディングプランナーは、多くの女性が知識やスキルを身につけて就職を目指しています。

男性としてウエディングプランナーを目指すのであれば、さらに一段階上の知識や人間力を身につけることが求められます。

また、実際に現場に立った際には力仕事を積極的に行ったり、男性の立場に立った結婚式の提案をしたりするなど、男性ならではの強みをアピールし個性を出していくのがよいでしょう。

近年では、結婚式の形式が多様化し「新郎目線」で式づくりのサポートをしてくれる男性ウエディングプランナーが重宝されたり、LGBTの方が結婚式を挙げるために男性のウエディングプランナーを希望されたりすることもあります。

男性がウエディングプランナーを目指す場合、こうした男性ならではの強みを生かしてあきらめずに努力することが大切です。

営業力がポイント

企業がウエディングプランナーに期待することの一つに「営業力」があります。

ブライダルプランナーは、式場やプランを提案し契約をとることも大きなウエイトを占める仕事なので、営業に興味がある人にはぴったりの仕事です。

また、過去に営業として活躍した経験があれば、プレゼンテーション能力や提案力などのスキルを発揮することができます。

もちろん営業力は女性にも問われる部分ですが、ブライダル業界で活躍したい男性にとっては、営業力は自分の強みや経験を発揮できる部分でもあります。