ウエディングプランナーの働き方の種類とその特徴

ウエディングプランナーの雇用形態

ウエディングプランナーはさまざまな形態で働くことができます。

正社員として式場やホテル、ブライダルコーディネート会社に雇用されることが一般的ですが、アルバイトや派遣社員としてプランニング業務に従事する人もいます。

正社員のウエディングプランナー

ウエディングプランナーの一般的な働き方は、正社員です。

結婚式場やホテル・ブライダルコーディネート会社に勤務し、指定された式場でプランニング業務に当たります。

ウエディングプランナーは人気の職種のため、新卒採用にせよ、中途採用にせよ、狭き門になります。

そのため、ウエディングプランナーで正社員を目指す場合は、学生のうちから知識やスキルを身に付けておく必要があるでしょう。

正社員として勤務する場合は、安定した給与や待遇が見込めますが、全国に式場を持っている大手企業の場合は、異動があることがあります。

さらに、適性によっては必ずしもウエディングプランナーとして配属されるとは限らず、またウエディングプランナー以外の職に配置転換があることもあるため、あらかじめ覚悟しておきましょう。

また、契約社員として特定の時間だけ働いたり特定の業務だけに従事したりするウエディングプランナーもいます。

派遣のウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、派遣社員として働く人も大勢います。

ブライダル専門の派遣会社に登録して、式場に派遣されるのが一般的な形態です。

直接決まった式場と派遣契約を結ぶ場合もありますし、単発で案件ごとに違う式場へ派遣される場合もあります。

派遣社員がアルバイトと大きく異なるのは、「即戦力」としての活躍が求められるところです。

そのため、業界での勤務経験やプランニングに関わる高い知識を持ち合わせていることが求められます。

アルバイト・パートのウエディングプランナー

正社員登用の道も

アルバイトの場合、正社員の補助的な役割の仕事がメインになります。

アルバイトが大役を担うことは普通ありませんが、カップルから見れば立場は関係ありません。

またブライダル業界はマナーも厳しいため、事前にしっかりと勉強して仕事に臨む必要があります。

ウエディングプランナーは経験が重視される仕事であるため、未経験者がいきなり正社員になるのは難しい面もありますが、アルバイトであれば未経験者であっても採用されやすいため、業界に入って経験を積みながらキャリアアップをめざす人も少なくありません。

働きぶりが認められれば、そのまま正社員登用されることもあります。

アルバイトは学生も可

結婚式場やホテルによっては、大学生のアルバイトを歓迎しているところも多くあるようです。

結婚式は基本的に土日祝日に行われるため、結婚して家庭を持つ主婦層が勤務しづらいという事情があり、平日は授業がある学生にとっても休日限定で働ける結婚式場のアルバイトは、学業と両立する上で非常に便利な仕事です。

仕事の内容としては、式場の料理の配膳やビデオ上映などの演出の際のサポート、事務作業などです。

ウエディングプランナーの働きぶりを間近で見ることもできるので、ウエディングプランナーを目指す学生にとっては貴重な経験となるでしょう。

フリーランスのウエディングプランナー

ウエディングプランナーにはフリーランスで活動するという選択肢も存在します。

基本的には資格が必要とされない職業であるため、ブライダルの知識さえあれば誰でも独立は可能ですが、この業界は式場とのつながりや実績などが重視されるため、まったく経験がない状態での独立は現実的ではありません。

フリーで仕事を受ける場合は、カップルから直接依頼がくるか、式場からの委託依頼がくるかのどちらかです。

いずれにしても人脈や実績がなければ仕事を得るのが難しいため、フリーになる人は長年ウエディングプランナーの経験がある人がほとんどです。

また、多くの人に顔が知られていると依頼が来やすいため、あらかじめ式場や業界で人脈を作っていくことが必要です。