ウエディングプランナーの需要、現状と将来性

ウエディングプランナーの現状

結婚式の形式は地域によって異なるため、地域差もありますが、近年ではそもそも結婚式を挙げないというカップルや、挙げたとしても低予算で行いたいというカップルが急増しています。

少子化・核家族化が進んだり、不景気が続きカップルが結婚資金を節約したりするなかで、これまでのように大きなホテルで大人数の招待客を呼ぶ大規模な挙式・披露宴を行うカップルが減ってきているのが現状です。

「できるだけ予算を抑えて、仲の良い仲間だけを集めた式をしたい」というニーズが増えているため、カップルは各社のプランや予算をシビアに見極めて比較していきます。

こうした流れの中、ウエディングプランナーは新規顧客を獲得するための営業力や、契約を成立させられるような高い話術も求められていくでしょう。

ウエディングプランナーの需要

ウエディングプランナーの需要の高まり

少子化・晩婚化が進む近年、結婚式を挙げる人が年々減る中で、ウエディングプランナーの需要は今後減っていくのではと考える人も多いでしょう。

しかし現実はまったくの逆で、需要はますます増加しているのです。

今までのように式場やホテルの宴会場での形式的な結婚式だけでなく、屋外での結婚式や少人数での式、飲食店やゲストハウスなどでのレストランウエディングなど個性的な結婚式を挙げる人は増え続けています。

こうしたさまざまな結婚式の陰でもウエディングプランナーが働いています。

また式の多様化に伴い、あらゆるニーズに対応するため事前準備や手続きなど、ウエディングプランナーが抱える仕事量も増えています。

このように結婚式の多様化が進めば、今後さらにウエディングプランナーの需要は高まっていくでしょう。

海外ウエディングでの需要

格安航空会社(LCC)の参入や、少人数での挙式が人気を集めていることから、海外ウエディングを選択するカップルも増えています。

海外では式場やチャペルにウエディングプランナーが常駐していない場合がほとんどです。

そのため現地とやりとりができる語学力のあるウエディングプランナーや、現地で日本人カップルの結婚式をサポートするウエディングプランナーが求められています。

今後は海外で働く日本人ウエディングプランナーの需要もより高まっていくでしょう。

ウエディングプランナーの将来性

低予算での結婚式が増えている反面、メディアでウエディングプランナーが脚光を浴びた影響か、「低予算であっても自分たちらしい演出をしたい」というニーズは高まっています。

少ない予算内で結婚式を作り上げなくはならないため、これまでよりもウエディングプランナーの企画力やプランニング力が試されることとなります。

ウエディングプランナーの今後の活躍の場

近年の特徴としてレストランやカフェなど、ホテルや挙式専門会場ではない場所での結婚式を選ぶカップルが増えています。

しかしこうしたレストランやカフェなどに勤める人はブライダルのプロではありません。

アットホームな空間を演出できるレストランウエディングやハウスウエディングを企画するブライダルプロデュース会社や、フリーランスのウエディングプランナーなどが活躍していくと考えられます。

普段ブライダルに関わらない人たちを、ウエディングプランナーがどのようにまとめ動かしていくかというリーダーシップも求められるでしょう。