ウエディングプランナーのやりがい、楽しさ、魅力

ウエディングプランナーのやりがい・楽しさ

お客さまの一番大切な日のために

ウエディングプランナーのやりがいは、結婚するカップルの一生に一度の大切な日に立ち会い、幸せなイベントのお手伝いができることです。

ウエディングプランナーは、さまざまな仕事をしながら、結婚するカップルのハレの日の舞台演出を、何ヵ月も前からお客さまとともに行っていきます。

結婚式は、カップルはもちろんのこと、式を通して二人の家族や友人、仕事仲間など、自分は直接関わりのない大勢の人まで幸せにする時間です。

そのためにウエディングプランナーは、自分自身の持つ知識や経験を活かし、演出などを提案し、カップルが理想とするウエディングを具体化し、二人だけのオリジナルウエディングに創りあげていきます。

もちろんこうした作業は、やりがいを感じる反面、決して簡単なことではありません。

しかし、人を幸せにすることに喜びを感じられる人にとっては、ウエディングプランナーに魅力的に感じられるでしょう。

最高のやりがいを感じる挙式当日

「この仕事をやっていて良かった!」と思うときは、やはり挙式が始まる瞬間です。

ここまでの道のりがどれだけ大変でも、この瞬間にこれまでの苦労がすべて消えてしまうほどの達成感を感じます。

晴れて夫婦となり、式を終えた二人の幸せそうな顔を見るたびに、「この仕事はなんてやりがいがあるのだろう」と感じます。

幸せのお手伝いができるウエディングプランナーという仕事は、大きなやりがいや達成感を感じられる仕事です。

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーの魅力

人との「つながり」を築ける仕事

結婚式は人生の中でも大きなイベントです。

結婚式を挙げるカップルにとって、ウエディングプランナーのとの出会いは大変重要なものとなり、ウエディングプランナーによって結婚式の満足度が左右されると言っても過言ではありません。

ウエディングプランナーがカップルをサポートしよい結婚式を挙げたことによって、カップルからお礼の手紙をもらったり、個人的な付き合いが何年も続いたり、ときには結婚式を希望する新たなカップルを紹介してくれたりなど、結婚式が終わってからもつながりを持てることがあります。

たくさんのカップルと出会い、仕事を通して信頼関係を築くことで、新たな縁が生まれていくのです。

仕事を通して人とのつながりをどんどん築いていけるのは、ウエディングプランナーの魅力と言えるでしょう。

年齢を問わず続けられ、海外で活躍するチャンスも

ウエディングプランナーは、実力さえあればどこでも活躍することができます。

結婚式は日本全国どんな場所でも需要がありますし、自分の努力次第では、海外ウエディングやリゾート婚などを扱う海外のブライダル業界で働くチャンスも掴めます。

また、豊かな人間性や経験が求められる仕事であるため、ウエディングプランナーは人生経験とキャリアを積めば積むほど、カップルや周囲のスタッフにも信頼されるようになります。

仕事に対する情熱を持ち続け、日々勉強を続けたり感性を研ぎ澄ませたりできる人であれば、ウエディングプランナーの仕事は長く続けていくことができる最適な仕事でしょう。