ウエディングプランナーの勤務時間・休日・残業や激務度は?

ウエディングプランナー勤務体系の種類

ウエディングプランナーの勤務体系は、勤務先によって異なります。

式場ホテルなどの場合は、多くのウエディングプランナーと式を抱えることから、シフト制で働くことが多いようです。

ブライダルプロデュース会社の場合は、定時が決まっていてそのなかで働くこともあります。

ウエディングプランナーの勤務時間

一般的な企業に勤める場合、1日の勤務時間は7時間半程度で、ウエディングプランナーも基本的にはそれに準じた勤務時間が設定されています。

しかし、カップルからの問い合わせや打ち合わせも多く、その都度対応をしなければならないため、必然的に残業が多くなります。

自分が担当するカップルの挙式当日は、早朝から現場に入りスタンバイし、深夜まで後片付けをすることもあります。

また、勤務時間の長さだけではなく、「失敗ができない」という精神的なプレッシャーから激務と感じる人もいるようです

ウエディングプランナーの休日

勤務先にもよりますが、ウエディングプランナーの休日は平日を含めたシフト制となっていて「月に8日程度休み」という勤務体系が一般的です。

また、年末年始の休暇・夏期休暇・年次有給休暇・慶弔休暇も繁忙期でない限りは取得可能です。

一方で、土日祝日は式本番になるため、よほどのことがない限り土日祝日に休みを取ることは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

ウエディングプランナーの残業

ウエディングプランナーは、休日であっても出勤してプランを練り直したり、残業して書類を作成したりする人も多くいます。

カップルの幸せを願い、結婚式のプランニングをする立場である以上、優先順位はどうしても相手側になってしまうのがウエディングプランナーの仕事の大変なところです。

打ち合わせや衣装合わせなど相手の都合に合わせなければならないこともあり、それはたとえ業務時間外や休日だったとしてもウエディングプランナーは相手に合わせ出勤しなくてはなりません。

このように、どうしてもこちらの都合で物事を進められないことも多くあります。

「決まった日には必ず休みを取りたい」「毎日定時で帰宅したい」という人は続けていくことが難しい仕事かもしれません。

ウエディングプランナーは忙しい? 激務?

繁忙期にはいくつもの式を抱える

結婚式で人気のシーズンは春と秋です。

この時期は多くのカップルが結婚式をするため、ウエディングプランナーが同時に何組ものカップルの挙式をサポートすることも決して珍しくありません。

早朝に出勤して準備をし、時間に追われながら何組もの結婚式のサポートをし、式が終わってから片づけや翌日の準備をすると深夜になってしまうということも少なくありません。

こうした繁忙期には、どうしても激務となることがあることを覚悟した方がよいでしょう。

精神的なプレッシャー

このような肉体的な疲労に加えて、ウエディングプランナーには精神的な疲労も大きいようです。

結婚式は大きなお金が動く、人生の重大イベントです。

「絶対に失敗することができない」という緊張感やプレッシャーが大きいことから、ウエディングプランナーの仕事をハードだと感じる人もいるようです。

しかし苦労した分だけ、式が無事に終わり多くの人の笑顔を見ることができた瞬間の達成感は非常に大きいものです。

他人の幸せを喜べるような人、相手が笑顔になることで自分も喜びを感じられるような人でなければ、この仕事を続けるのは難しいでしょう。

ウエディングプランナーの休日の過ごし方

休日の過ごし方は人によってまちまちではありますが、ウエディングプランナーの特徴として休日でもウエディングに関する勉強をしようとする人が多いようです。

ブライダルに関するトレンドや海外で人気の演出やドレスなど、テレビや雑誌・SNSなどもチェックして常に情報をアップデートしようと向上心をもって勉強しています。

ウエディングプランナーの1日・生活スタイル

ウェディングプランナーの仕事が忙しく、どうしても激務に耐えられない場合は、労働時間が少ない業界や職業に転職を考えるのも大切です。

実際に転職を考える際は、大手エージェントを利用するのもよいでしょう。

リクルートエージェントは、労働時間の管理が徹底されている求人を揃えており、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。