このサイトはホテルスタッフを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ホテルスタッフ」

仕事内容
ホテルスタッフは、ホテルの利用客に対してさまざまなサービスを提供する仕事です。ドアマンやベルパーソン、フロント、コンシェルジュなど、個々のスタッフは担当業務が分けられており、それぞれが協力し合ってお客さまを迎えています。ホテルは宿泊だけでなく、食事や会議、結婚式などいろいろな目的で利用され、多くの人と接するため、高い接遇能力やマナーが求められます。
なるには
ホテルスタッフになるのに決まった道はありませんが、代表的なルートとしては、高校卒業後にホテルや観光系の専門学校に入り、ホテルに就職する方法があります。しかし、この道が絶対ではなく、一般の大学や短大、専門学校を出てホテルへ就職する人も少なくありません。ホテルによってはまずアルバイトとして働き、契約社員や正社員登用を目指すことも可能です。学歴よりも、人間性やコミュニケーション能力が重視されることが多い仕事です。
給料
一般的なホテルスタッフの平均年収は、300万円~400万円程度と言われています。しかし、ホテルの規模や地域、ポジションによってもだいぶ異なり、小さなビジネスホテルよりも大手のシティホテルのほうが給与は高くなる傾向にあるようです。現場は夜勤もあることが多く、給料のわりにハードという声も聞かれますが、管理職になると給料アップが望めるでしょう。契約社員やアルバイトの場合、時給900円~1500円程度が相場となっています。
将来性
現代は外資系ホテルの進出も進み、ホテル業界の競争は厳しくなっています。景気にも左右される業界であるため、不景気が続けばより厳しい状況になることは避けられません。ホテルスタッフの求人はそれなりに多いものの、一流ホテルで働くには、それなりの意識と覚悟が必要です。語学力や国際感覚、豊かな人間性などを身につけた人材が求められています。また、男女関係なく活躍できる仕事であることも、この仕事のひとつの魅力と言えるでしょう。