「ホテルスタッフ」とは

宿泊、料飲、宴会などホテルの各部門で、お客さまに最高のおもてなしを提供する。

ホテルでは、さまざまなスタッフが働いています。主な仕事としては、ホテルの受付カウンターで、客の対応をする「フロント」、ホテルの宿泊客のあらゆる要望や問い合わせに応える「コンシェルジュ」、客室の清掃やベッドメーキング、備品の補充、部屋の点検をする「ハウスキーピング」、ホテルの入口でドアの開閉をする「ドアマン」、フロントでチェックイン手続きを済ませた客を客室まで案内する「ベルパーソン」などがあります。

ホテルの採用試験に合格することで、ホテルスタッフとなることができますが、アルバイトや契約社員から正社員になる人も少なくありません。

外資系企業の参入などで、ホテル業界の競争は激化しており、より高い接客能力が求められるようになっています。

「ホテルスタッフ」の仕事紹介

ホテルスタッフの仕事内容

ホテルの利用客にサービスをする

ホテルスタッフは、ホテルの利用客に対してさまざまなサービスを提供する仕事です。

ホテルは宿泊だけでなく、食事や会議、結婚式などいろいろな目的で利用され、多くの人と接するため、高い接遇能力やマナーが求められます。

ホテル内の仕事は、フロントなどで宿泊客への対応や、部屋を整える「宿泊部門」、ホテル内のレストランや会場に料理を提供する「料飲部門」、宿泊以外に、会議や結婚式など行う「宴会部門」など、いくつもの部門に分かれています。

もちろん、一般企業と同じように総務や経理、人事などの管理部門もあり、各従業員は配属された職場でそれぞれの仕事に当たっています。

ホテルスタッフは一般的にホテルマンと呼ばれますが、経営やマネジメントをする側になると「ホテリエ」と呼ばれます。

ホテルスタッフの就職先・活躍の場

全国のホテルに勤務

ホテルスタッフの就職先は、全国にあるホテルです。

一口にホテルといっても、ビジネスホテルからラグジュアリーホテルまで多くの種類があり、全国展開しているホテル、一店舗しかないホテルなどさまざまです。

近年は外資系ホテルの参入が相次ぎ、ホテル業界の競争が激化し、より高いレベルでのサービスを提供することが求められてきています。

ホテルスタッフの質がホテルの印象を大きく左右するといっても過言ではないため、今まで以上にホテルスタッフの重要性が高まっているといえるでしょう。

ホテルスタッフ1日

部門によってさまざま

ホテルスタッフの一日は、担当する仕事によって異なります。

勤務時間はシフト制のため、同じ仕事でも朝から夕方まで勤務することもあれば、夜勤になることもあります。

フロントスタッフの一日(早番)



7:00 勤務開始
夜勤の人からの引き継ぎを行います。
朝はチェックアウトされるお客さまも多く、フロントは混雑します。

11:00 お客さま対応
宿泊している方への案内やサービス手配などを行います。
落ち着いた時間を見て、当日チェックインするお客さまの確認などを行います。

13:00 休憩

15:00 チェックイン開始
チェックイン開始の時間帯は、フロントがもっとも混雑するため、迅速で丁寧な案内を心がけます。

16:00 勤務終了
交代するスタッフに仕事を引き継ぎ、勤務終了です。

ホテルスタッフになるには

ホテルの採用試験を受ける

ホテルスタッフとして働くには、それぞれのホテルが行っている採用試験を受けて合格する必要があります。

大手のホテルは新卒採用も積極的に行っていて、一定数の求人があります。

ホテルに入社後は、接客やマナー、ホテルの設備についてなどの研修を数ヶ月受けます。

研修を終えると各部署に配属されますが、自分の希望が通るとは限りません。

初めは客室部門か飲食部門に配属されることが多いようです。

異動も多いため、希望の職種が決まっている場合は、粘り強く伝えることが必要です。

ホテルスタッフの学校・学費

学歴はさまざま

ホテルによって応募資格として掲げている学歴は異なり、高卒が条件のところもありますが、大手ホテルの場合は「専門学校卒以上」を必須としています。

ホテルスタッフになりたい人のための専門学校もあり、ホテルスタッフとして必要な基礎知識やマナーなどの講義、ホテル実習などが行われ、学生のうちからホテル業界のことを詳しく学ぶことができます。

また、ホテルスタッフは外国人宿泊客の対応をすることも多いため、特に外資系のホテルの就職を目指す場合は語学力があると就職に有利になることがあります。

ホテルスタッフの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

ホテルスタッフになるために特別必要な資格はありません。

「ホテル実務技能認定検定」など、ホテル勤務で必要とされる知識の理解度を測る検定試験はありますが、資格を持たないまま就職する人もたくさんいます。

ただし、大手外資系ホテルを中心として語学の能力を重視する場合もあり、それぞれ独自の基準を設けているので、求人情報をチェックしましょう。

英語だけでなく中国語や韓国語に関しても、「日常会話ができる」などの能力を持っていることで有利になる場合も多いようです。

ホテルスタッフの給料・年収

一般企業とさほど変わらない

ホテルスタッフの給料は、勤務するホテルの規模や部署、ポジションなどによって変わってきます。

大卒新卒社員の給与は20万円前後、短大や専門卒の場合は17万円前後である場合が多いようです。

ホテル業界は競争が厳しく、ホテルスタッフの仕事は全般的にあまり給料が高くないことで知られています。

年収的には一般企業の平均とあまり変わらなくても、不規則な生活になりがちで、かつ体力や精神力を大きく使う仕事なだけに、「ハードなわりに給料が少ない」と感じる人が多いようです。

ホテルスタッフのやりがい、楽しさ

お客さまからの感謝の言葉

ホテルスタッフのやりがいと言えば、何と言っても自分のサービスにお客さまが満足してくれたときでしょう。

お客さまから直接「ありがとう」と言ってもらえるのは、この仕事ならではの魅力です。

また、「あなたにお願いしたい」と指名を頂いたり、「接客サービスがよかったからまたお願いしたい」とホテルのリピーターになってもらえたりすることもあります。

こうした一言がホテルスタッフの力となり、さらに質の高いサービスを提供するために日々頑張っていけるのです。

ホテルスタッフのつらいこと、大変なこと

体力的にも精神的にもハード

ホテルは365日・24時間休みがないため、ホテルスタッフはシフト制で交互に働きます。

そのため勤務時間・睡眠時間はバラバラになりがちですし、現場では日常の業務は立ち仕事が中心となるので、非常に体力を消耗します。

また、ホテルスタッフの仕事はお客さまからの反応がダイレクトにわかることがやりがいにもなる反面、プレッシャーやストレスを感じることもあります。

特に大変なのはクレームです。

ときには自分のミスだけでなく、他のスタッフのミスによって怒られることもあり、精神的にもハードな仕事です。

ホテルスタッフに向いている人・適性

ホスピタリティのある人

ホテルスタッフは、「人のために何かをしてあげたい」「人が喜ぶ姿を見たい」など、誰かのために働きたいという気持ちをもって働いています。

宿泊客や利用客に、喜んでもらいたい、すてきな時間を過ごしてほしいなどの「ホスピタリティ(おもてなしの心)」を大切に考えられる人は、ホテルスタッフに向いているでしょう。

そのためには、お客さまの要望に臨機応変に対応できることや、一緒に働くチームの仲間とうまくやっていくことも大切です。

ホテルスタッフ志望動機・目指すきっかけ

人と接することが好き

ホテルスタッフの志望動機で多いのは「人と接するのが好き」というものです。

ホテルに訪れるお客さまは性別も年齢層もバラバラで、外国人のお客さまも少なくありません。

不特定多数の人と触れ合うこの仕事では、何よりも「人が好き」でなければやっていけません。

また人が好きなことに加えて、「人を喜ばせることが好き」ということもあげられます。

自分の行動によって周りが喜んでくれたり楽しそうな顔をしてくれたりすることで、自分もうれしくなる、そんな気持ちを持っている人が、ホテルスタッフを目指しています。

ホテルスタッフの雇用形態・働き方

正社員以外にも多くの人が働く

ホテルスタッフには正社員のほかにもさまざまな人が働いています。

契約社員や派遣社員、アルバイトと、就業形態はさまざまです。

ホテルによっては、正社員ではなく初めの数年は契約社員として採用し、後に正社員として雇用するというところもあります。

ホテル業界はより好条件や年収を求めて転職する人も多いので、まずはアルバイトや契約社員として経験を積み、能力を身につけ、正社員へとステップアップするチャンスを待っている人も少なくありません。

ホテルスタッフの勤務時間・休日・生活

シフト勤務が一般的

ホテルスタッフはシフト勤務が一般的です。

多くのところでは「三交代制(早番・中番・遅番)」をとっています。

1日の勤務は実働8時間程度で各ホテル(会社)の勤務体系に応じて働きます。

休日は週休二日制が基本で、お客さまは週末に集中するため、平日に休日をとることが多いです。

また、年末年始やゴールデンウイークなどの大型連休、お盆など世間が休みの時期はホテルの繁忙期で、スタッフが長期休暇をとるのは難しく、世間とは時期をずらして撮るのが一般的です。

ホテルスタッフの求人・就職状況・需要

需要も倍率も高い仕事

ホテルは接客サービスが基本で、各ホテルでスタッフの数を充分確保しなくては業務が務まりません。

そのため、全体的に見れば採用者数もわりと多めで、大手ホテルでは毎年一定数の新卒採用を実施しています。

ただし、ホテルスタッフは人気も高い仕事で、競争率が高いことでも知られています。

特に人気のあるシティホテルでは、何十倍もの倍率になることも珍しくありません。

ホテルスタッフを目指す場合は、どんなホテルでどのような仕事がしたいかをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

ホテルスタッフの転職状況・未経験採用

異業種からの転職も多い

異業種からホテルスタッフへ転職する人は多くいます。

ホテルスタッフの仕事は専門的なものですが、過去に接客業に就いていた場合は、そのスキルを活かすことも充分できると考えられます。

また、よりステップアップを目指して、現在のホテルから別のホテルへと転職する人もいます。

こうした場合、ホテルの仕事に必要なサービスの基本はすでに身に付いているため、転職はしやすいと言え、ホテル業界を転々とする人も少なくありません。

ホテルスタッフの現状と将来性・今後の見通し

質の高いサービスが求められる

時代とともにホテルのスタイルは変化しており、ホテルはさまざまな目的で利用されるようになっています。

それに伴い、コンシェルジュ(コンシェルジェ)のように、さまざまな案内をする接客のプロなど、ホテルに求められる仕事も少しずつ変化してきています。

また、外資系ホテルが国内に多数進出し、特色ある設備やサービスを打ち出すホテルが増加したこともあり、今後はより質の高いサービスが求められていくほか、国際化により外国人客も増える中で、これまで以上に語学力や国際感覚が求められるでしょう。