ウエディングプランナーの退職・離職率は? 何歳まで働ける?

人気の職業だが離職率は比較的高い

ウエディングプランナーは、近年人気が高まっている職業です。

学生だけでなく、異業種から転職を目指す人も増えているようです。

企業によっては求人倍率もかなり高くなっているようですが、わずか1年から3年未満で仕事を辞めてしまう人も少なくないのが現状です。

ウエディングプランナーの退職・離職理由

ウエディングプランナーはどうしても女性が多いため、他の仕事と同様に結婚・出産など人生の転機を機に辞める人も多いです。

そのほかに挙げられる退職・離職理由としては、「事前に思っていた華やかなイメージとは違う」ということです。

ウエディングプランナーは華やかなイメージとは裏腹に、営業や事務など業務内容が幅広い上に、新人のうちは裏方的な地味な作業も多いのが現状です。

まず、会社によっては売上ノルマがあります。

売上ノルマはウエディングプランナーの評価の一部となることもあるため、できるだけ多くの売上を上げるように言われれば、新人にとっては大きなプレッシャーとなります。

また、繁忙期は、多くの結婚式を抱えるため、毎日早朝から深夜まで働きっぱなしということもあります。

お客さまの都合に合わせた働く職業のため、どうしても残業が多いことから肉体的・精神的にきついと感じる人も多いようです。

さらに、ウエディングプランナーとカップルは深く関わり合いことが多くなり、ときにはお客さまからクレームを受けたり、お叱りの言葉をもらったりすることもあります。

結婚式づくりは長い時間がかかるだけでなく莫大な金額が動く仕事のため、どれだけ事前準備をしていてもお客さまと意見の相違があったり、思いがけないトラブルが発生したりしてしまうことがあります。

やりがいを感じるまでには時間がかかる

ウエディングプランナーに限らず、仕事の本当に楽しさややりがいを感じられるようになるまでには、相応の時間がかかるものです。

せっかくのやりがいや喜びを味わう前に現場を去ることにならないためにも、憧れだけではなく、こうしたウエディングプランナーの大変さや厳しさについても知っておき、覚悟を持った上でブライダル業界に飛び込みたいものです。

ウエディングプランナーは何歳まで働ける?

ウエディングプランナーは若い社員が多く活躍している仕事ですが、年齢を重ねても現場で働けなくなるわけではありません。

ウエディングプランナーの仕事は経験や人柄がものを言う仕事のため、多くのカップルに指示され実績を挙げたプランナーは、年齢を重ねても働くことができます。

また、年齢を重ね現場を離れ、ステップアップしていく人もいます。

プランナーを取りまとめるリーダー役や、新人の研修を担当する指導役になる人、独立して自分でブライダル関連の企業を立ち上げる人などさまざまですが、専門的なスキルやコミュニケーション能力を磨き続けることができるので、仕事を長く続けて極めていきたい人には向いている職業といえるでしょう。