ウエディングプランナーの転職理由・転職状況は?

ウエディングプランナーが今の職場を辞める理由で多いものは?

同業種への転職の場合

ウエディングプランナーが今の職場を辞める理由で多いものは、売上ノルマがあることや、繁忙期は遅くまで仕事に追われることなど、職場環境を不満に思う人が多いようです。

より働きやすい環境を求めたり、ウエディングプランナーとしてステップアップしたりするために同業種へ転職する人は多くいます。

ウエディングプランナーの活躍の場は多くあり、勤務先によって求められるウエディングプランナー像や職場環境は異なるため、自分に合った職場を求めて今の職場を離れる人は少なくありません。

異業種への転職の場合

ウエディングプランナーになったものの、わずか1年から3年未満で仕事を辞めてしまう人がいます。

他の仕事と同様、結婚・出産など人生の転機を機に辞める人もいますが、多く見受けられる離職理由としては、「イメージしていた仕事とは違った」というものです。

ブライダル業界のど真ん中で活躍するウエディングプランナーには、「華やかで、人を幸せにする美しい仕事」というイメージが強く根付いているようですが、会社によってはイメージとのギャップに悩み退職する人は少なくありません。

ウエディングプランナーのつらいこと、大変なこと、苦労

ウエディングプランナーの転職で気をつけるべきこと

円満退社を心がける

ウエディングプランナーは、お客さまありきの仕事です。

突然退社し、担当のウエディングプランナーが変わってしまっては、お客様に不安を与えるだけでなく、企業自体の信頼を損ねることにもなりかねません。

また、同業種へ転職することが決まっている場合は、あらかじめその旨を伝えておくことが必要です。

ブライダル業界は狭いため、フェアやキャンペーンの際に鉢あってしまい気まずい思いをするということもあり得ます。

退社をするときは早めに意思を告げ、上司や同僚と相談した上でしっかりと引継ぎを行い、担当するカップルや職場に対しても誠実な対応を取ることが必要です。

本当に転職すべきか?を考える

ウエディングプランナーに限らず、仕事の楽しさ・やりがいを感じられるようになるまでには多くの努力と時間が必要です。

ウエディングプランナーとしての喜びを味わう前に現場を去ることにならないためにも、憧れだけではなく、仕事の大変さや厳しさについても知っておき、覚悟を持った上でこの業界に飛び込みたいものです。

ウエディングプランナーの職務経歴書の書き方のポイント

同業種へ転職する場合、自分の成績をしっかりとアピールしましょう。

月にどれだけ営業したのかを記載する時は「月平均〇組成約・接客〇人・成約率〇%」とし、また打ち合わせに関しても「月平均〇組担当・組当たりの単価は○○万円」などと書くとより相手に伝わりやすいでしょう。

また、お客さまから感謝や感動の言葉をもらった場合は、それを書き加えることも自己アピールにつながります。

異業種に転職する場合は、ウエディングプランナーの仕事を具体的にイメージできない人も多くいるため、具体的な成果を記載するとともに、担当業務を箇条書きにするなどしてわかりやすく記載するとよいでしょう。

他の業界への転職はある?

ウエディングプランナーから異業種へ転職する人も少なくありません。

具体的な仕事としては、キャリアアドバイザーなど人に対し指導をする仕事、カウンターセールスなどの営業の仕事、事務職などに就く人が多いようです。

こうした仕事はウエディングプランナーでの営業スキルやヒアリング能力など経験が活かしやすい仕事と言えるでしょう。

また、ビジネスマナー講師や専門学校のブライダル講師など、ホテルや結婚式場で身に付けた知識を生かした仕事に就く人もいます。

転職先はどのように探せばいい?

ブライダル業界へ転職したい場合は、ブライダル業界専門の求人専門サイトや派遣会社に登録する方法があります。

ブライダル業界での求人は多いため、比較的再就職もしやすいでしょう。

異業種への転職先を探す場合は、インターネットの転職サイトやハローワークなどが一般的です。

ウェディングプランナーへの転職を考えている人は、ウェディング業界の求人が豊富な転職エージェントの利用も検討してみましょう。

リクルートエージェントは、最大手のエージェントであり、ウェディングプランナーの求人も多数保有しています。

面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることができるため、まずは相談してみるのもよいでしょう。