「ツアーオペレーター」の仕事とは

ツアーオペレーターの仕事内容

ツアーオペレーターは、海外旅行におけるさまざまな手配を担当する仕事です。旅行会社からの依頼を受けて、ホテルをはじめ、現地での食事やショッピング、観光、アクティビティ、送迎といった海外旅行に必要なサービスの手配をします。また、訪日外国人向けに、日本国内における各手配を手掛けることもあります。基本的に旅行者と直接やりとりを行うことはありませんが、旅行者が海外旅行を安全・安心に楽しめるようにサポートするという重要な役割を担っています。

ツアーオペレーターになるには

ツアーオペレーターになるのに必須とされる資格はとくにありません。ただし、この仕事では観光に関するさまざまな知識が必要でとされ、かつ人気がある仕事であるため、観光関連の知識を学ぶことのできる大学、短大、専門学校へ進学するのが近道となるでしょう。おもな就職先は日本国内の旅行会社、現地の旅行会社、ツアーオペレーター専門会社となりますが、求人数はあまり多くありません。一部の大手ツアーオペレーター会社を除いて、欠員が出た際に必要に応じて募集するのが一般的といわれています。

ツアーオペレーターの給料・年収

ツアーオペレーターの平均年収は、300万円~450万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。ただし、ツアーオペレーターが活躍する会社は大手から中小までたくさんあり、会社の規模や雇用形態などによっても年収には幅があります。とくに即戦力になれる人が優遇されやすく、英語をはじめとする外国語のスキルが高かったり海外事情に詳しいなど、実務に関連するスキルを持っている人は給料が高くなりやすいようです。

ツアーオペレーターの現状と将来性・今後の見通し

ツアーの手配部分を丸ごと担当するツアーオペレーターは、ツアーを企画・販売する旅行会社にとって必要不可欠な存在であることは間違いありません。どのような時代や世界情勢のなかでも旅行をする人は一定数おり、ツアーオペレーターが求められる場は今後もあるといえるでしょう。ただし、AIの活用などIT技術が加速度的に進歩しているなか、これからのツアーオペレーターには一人ひとりの顧客のニーズを的確に理解して、最適な提案やマッチングを行うことができるだけのスキルが求められてくるものと考えられます。